FC2ブログ

マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

講演会「マイケル・ジャクソン革命宣言」◆◆◆ ■日時 10月8日(木)17:00~19:00  ■場所 吉祥寺「Cafe Gallery Musashino」

【10/8(木)17:00 安冨歩さんの講演会情報です!!】6月21日お台場でBeat It!! MJ A-Live!スペシャルゲストライブにご出演いただき大きな反響となりました東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩先生の講演が開催されます...

Posted by TtMJ関東 on 2015年8月23日
  1. 2015/09/04(金) 21:22:13|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の神宮外苑競技場(1943年10月21日 出陣学徒壮行会)

Ayumi Yrigoyen
20150728
油絵
キャンバスF20
IMG_6866.jpg
  1. 2015/07/31(金) 09:57:31|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硫黄島におけるバロン西の戦死と名馬ウラヌス号の嘆き

Ayumi Yirigoyen
S__1957890.jpg


北大馬術部後援会 ホームページ制作委員会編
「バロン西と愛馬ウラヌス物語」 参照
http://hokudai-horse.xsrv.jp/monogatari/04.html
  1. 2015/07/13(月) 22:51:32|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立競技場(明治神宮外苑競技場)の活用例 1943年10月21日 出陣学徒壮行会

Ayumi Yirigojen

IMG_6683.jpg

  1. 2015/07/11(土) 17:20:54|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の風景 1945年3月10日

Ayumi Yirigojen

IMG_6673.jpg
IMG_6674.jpg
  1. 2015/07/11(土) 10:48:23|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近刊!『香港バリケード――若者はなぜ立ち上がったのか』

香港バリケード


香港バリケード――若者はなぜ立ち上がったのか


2015/3/12刊行
遠藤誉 (著), 深尾葉子・安冨歩 (共著)

2014年は、

2月に『ジャパン・イズ・バック』明石書店(ながたひろゆき氏の執筆協力)、
6月に『ドラッカーと論語』東洋経済新報社(窪田順生氏の執筆協力)
8月に『誰が星の王子さまを殺したのか―ハラスメントの罠』明石書店

を刊行した。2013年は、『超訳論語』、『合理的な神秘主義』、『親鸞ルネサンス』(共著)、『学歴エリートは暴走する』(執筆協力)、『原発ゼロをあきらめない』(対談集)と5冊出したが、私自身の執筆の負荷を考えると同水準だった気もする。そういえば、去年は新しい表現様式として、ライブを3回もやって、テレビに一度出たので、それを加算すると、負荷は大きかったかもしれない。

2015年は、テレビに3度出て、ライブ1回やったり、歴史文化工学会(http://rekibunkou.org/index.html)を設立したりなどして、走り回っていたため、本を書いている暇がなかった。なかったのだが、なぜかそれでも共著の本を出すことになった。

遠藤誉 (著), 深尾葉子・安冨歩 (共著)

という変わった表示になっているのは、本全体の過半を遠藤氏が、残りを私たちのグループが書いたからである。グループには、
編集者・ジャーナリストの刈部謙一氏、獨協大学の学部生の伯川星矢氏が参加している。

これはもともと、遠藤氏が香港雨傘革命についてリアルタイムでさまざまの背景や情報を調べあげ、本を書く用意をしており、一方で、我々の研究グループが、中国社会の語りの構造を通じた秩序形成という観点からこの運動に注目し、香港の関係者への取材を通じて、現場の声を届ける調査を行っており、報告書を作ろうとしていたことに、端を発する。深尾と遠藤とがたまたま連絡をとり、両者が同じテーマの本の、相互補完する内容を企画していたことがわかり、合流することになったわけである。とはいえ分量としては遠藤が過半を占めているので、上記のような表示となった。

このような経緯を反映して本書は、

序章 雨傘革命を解剖する―香港新世代のメンタリティ(遠藤誉)
第I部 バリケードはなぜ出現したのか(遠藤 誉)
第II部 バリケードの中で人々は何を考えたのか(深尾・安冨グループ)
終 章 雨傘世代―バリケードは崩壊しない(遠藤 誉)

という構成になっている。

この本に至る研究の過程で、私は多くのことを学んだ。

物理学者である遠藤氏の徹底して論理的・実証主義的な研究によって描き出されるのは、中国の圧倒的な力と、人類の運命を左右するその深刻な危機とである。香港の若者たちは、単に香港のために立ち上がったのではなく、この人類の運命のためにバリケードを築いたのである。その戦いは、終わったのではなく、始まったばかりである。

一方、深尾・安冨グループは、遠藤氏が最も注目する「アップル・デイリー」のオーナー・黎智英(ジミー・ライ)と最年少の指導者・黄之鋒(ジョシュア・ウォン)へのインタビューに刈部が成功し、同じルートで、最も過激な立法会議員・長毛へのインタビューを行った。また、銅鑼湾のバリケード撤去を見つめる参加者との接触に成功し、その切実な声を拾った。広東語と日本語とのバイリンガルである伯川は、これらのインタビューの通訳・翻訳を行うとともに、多くの学生の声を収集した。

こうして我々は、歴史的奥行きと実証的厳密さを備えた論考と、現場の生の声とを立体的に組み合わせることができたと信じる。調査に行ったのが12月であり、それから二ヶ月で本を作り上げることができたのは、まさに奇蹟のように思えた。

日本人にとってこの事件は、対岸の火事ではなく、東アジアという同じ地域の内部の出来事であり、我々の将来に直接関わってくる出来事である。ゲラを読みながら私は、これは現代東アジアを理解する上での必読の書だ、とつくづく思った次第である。


=============

2014年9月、香港のトップである行政長官を選ぶ「普通選挙」が実施されないことを知った若者たちは、真の民主主義を求めて抗議活動を展開した。授業ボイコットから始まり、やがて広場や幹線道路を占拠。一時は市民も加わり、巨大な運動へと発展していった抗議活動は「雨傘革命」と呼ばれるようになる。だが、ある時期から市民の支持を失い、12月15日に幕を閉じた。雨傘革命とはいったいなんだったのか。第一部では雨傘革命の背景にある社会状況、政治状況を鋭い中国分析で著名な遠藤誉が分析、第二部は深尾葉子、安冨歩が現地に出向いて集めた人々への声をもとに雨傘革命の意味を考察する。

目次

序章 雨傘革命を解剖する―香港新世代のメンタリティ(遠藤誉)

第I部 バリケードはなぜ出現したのか(遠藤 誉)
第1章 「鉄の女」サッチャーと「鋼の男」鄧小平の一騎打ち―イギリス植民地から中国返還へ
1 アヘンを使って香港を奪ったイギリス/2 新中国の誕生とイギリスの対中政策/3 米中が接近するならイギリスも―/4 中英共同声明―地にひれ伏した美しい金髪

第2章 香港特別行政区基本法に潜む爆薬――成立過程とからくり
1 香港特別行政区基本法起草委員会/2 香港人という塊の「正体」は何か?/3 基本法はいかなる爆薬を含んでいるのか? /4 2003年、基本法第23条―爆発した50万人抗議デモ

第3章 チャイナ・マネーからオキュパイ論台頭まで―反愛国教育勝利の中で何が起きたのか?
1 CEPAと「9プラス2」汎珠江デルタ大開発―チャイナ・マネーが「民心」を買う /2 愛国論争と愛国教育導入への抗議デモ/3 チャイナ・マネーが買った選挙委員会と長官選挙/4 用意されていたオキュパイ論

第4章 雨傘革命がつきつけたもの
1 立ち上がった学生たち―デモの時系列/2 市民がついていかなかった、もう一つの理由―チャイナ・マネーが民主を買う/3 中国中央はどう対処したのか? /4 世界金融界のセンターを狙う中国/5 アジア情勢を揺さぶる新世代の本土化意識――新しいメンタリティ/6 ジミー・ライの根性と意地

第II部 バリケードの中で人々は何を考えたのか
第5章 香港が香港であり続けるために―香港と日本人のハーフが見た雨傘革命(伯川星矢)
第6章 最前線に立った66歳の起業家と17歳の学生(刈部謙一)
第7章 香港のゲバラに会いに行く(安冨歩)
第8章 It was not a dream―占拠79日を支えた想い(深尾葉子)

終 章 雨傘世代―バリケードは崩壊しない(遠藤 誉)
著者について
遠藤誉
1941 年中国吉林省長春市生まれ。1953 年帰国。東京福祉大学国際交流センター長。筑波大学名誉教授。理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に『チャイナ・セブン 〈紅い皇帝〉習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『チャイナ・ジャッジ 毛沢東になれなかった男』『卡子(チャーズ) 中国建国の残火』(以上、朝日新聞出版)、『完全解読 「中国外交戦略」の狙い』(WAC)、『ネット大国中国――言論をめぐる攻防』(岩波新書)、『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』(日経BP 社)など多数。


深尾葉子
1963 年大阪府生まれ。大阪外国語大学中国語専攻卒業。大阪市立大学大学院前期修了。大阪大学大学院経済学研究科准教授。修士(文学)。主な編著に『現代中国の底流』(行路社)、『満洲の成立』(名古屋大学出版会)、『黄土高原・緑を紡ぎだす人々』(風響社)、著書に『黄土高原の村――音・空間・社会』(古今書院)、『魂の脱植民地化とは何か』(青灯社)、『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』(以上、講談社α新書)、翻訳書に『蝕まれた大地』(行路社)など。
安冨 歩
1963 年大阪府生まれ。京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。東京大学東洋文化研究所教授。博士(経済学)。主な著書に『原発危機と「東大話法」』『幻影からの脱出』『ジャパン・イズ・バック』(以上、明石書店)、『もう「東大話法」にはだまされない』(講談社α新書)、『生きる技法』『合理的な神秘主義』(以上、青灯社)、『ドラッカーと論語』(東洋経済新報社)、『生きるための論語』(ちくま新書)、『経済学の船出』(NTT 出版)、『生きるための経済学』(NHK ブックス)、『「満洲国」の金融』『貨幣の複雑性』(以上、創文社)など多数。
  1. 2015/03/02(月) 15:16:57|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本は自らの歴史に学び、アメリカの愚行を止めるべきだ。

1930年。日本の国際的地位は絶頂にあった。

たとえば、日米英の三カ国の結ぶ軍縮条約が、世界平和を担保すると信じられていた。

中国もまた繁栄の入り口に立っていた。1911年の清朝崩壊以降続いた混乱がようやく収束し、中華民国が1928年に全土を統合した。中国東北部・満洲は、日本軍が張作霖を爆殺するというテロを働いたにもかかわらず、その息子の張学良という英明な指導者を得ていた。中国で最強の軍事力を持つ張学良が易幟によって中華民国に参加したことで、統合が果たされたのである。当時、日本企業は上海を中心として巨額の投資を行い、「在華紡」とよばれる紡績工場群を作り出していた。

これによって、東アジアは、日本を中核として、空前の繁栄を迎える直前にあった。

しかし。1931年9月18日。

愚かな日本軍は、満洲事件を引き起こし、すべてをぶちこわしてしまった。満洲国をつくるだけならまだしも、首謀者の石原莞爾が止めるのも聞かず、日中全面戦争に突入した。もちろん、在華紡を持つ財界は反対したが、それも簡単に押し切られた。国民が支持したからだ。

そして大日本帝国は滅亡し、ついでに、中華民国も解体してしまった。そこから生まれたのが中華人民共和国である。

毛沢東は、確かに天才だった。しかし、どうみてもおそろしい天才だった。ものすごい数の人を殺してしまった。

日本が余計なことをして解体させてしまった中華民国の総統は、蒋介石だった。もちろん、蒋介石にもいろいろと問題はあるが、日本にとっては大変にありがたい人物であった。というのも、彼は1907年に日本に留学し、1909年〜11年まで、大日本帝国陸軍十三師団の高田連隊の野戦砲兵隊の将校をしていた知日家だったからだ。沖縄が日本の手に残ったのは、カイロでルーズベルトの沖縄領有の提案を、蒋介石が断ってくれたからだ。(遠藤誉『チャイナ・ギャップ』参照)

毛沢東の率いる共産党は、当時はテロリスト集団だとみなされていた。いってみればイスラム国みたいなものだ。蒋介石は、フセインみたいなものだ。

フセインに戦争を仕掛けてイスラム国を作り出してしまったアメリカは、蒋介石に戦争を仕掛けて毛沢東の共産党政権を作り出してしまった日本と、構造的によく似ている。

このことを日本は十分に反省し、その上でアメリカに忠告する義務があると私は思う。

馬鹿な戦争をおっぱじめなければ、1940年に東京オリンピックが開催されていたのだ。
その前後に日本と中国とは、高度成長を経験したはずなのだ。

まぁ、しかし、我々の愚かな先祖は、本当に面倒くさい遺産を残してくれたものだ。
開いた口が塞がらない。


  1. 2015/01/28(水) 12:38:12|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【東大話法の見本】池内恵東京大学准教授「「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ」という記事について

私も忙しいのだから、かんべんして欲しいのだが、これは飛びつかずに居られない格好のサンプルなので、解析しておく。

===========
なお、以下のことは最低限おさえておかねばなりません。箇条書きで記しておきます。

こうやって「最低限」と頭から押さえつけるように言うのである。これは

【東大話法規則】12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。

の変形である。

*今回の殺害予告・身代金要求では、日本の中東諸国への経済援助をもって十字軍の一部でありジハードの対象であると明確に主張し、行動に移している。これは従来からも潜在的にはそのようにみなされていたと考えられるが、今回のように日本の対中東経済支援のみを特定して問題視した事例は少なかった。

何を言いたいのかよくわからないが、少なくとも、

【東大話法規則】16 わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。

という専門家ぶった煙幕として機能している。

*2億ドルという巨額の身代金が実際に支払われると犯人側が考えているとは思えない。日本が中東諸国に経済支援した額をもって象徴的に掲げているだけだろう。

まぁ、そうだろうが、その根拠はどこにあるのだろうか。

【東大話法規則】5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。

で信頼感を醸成する作用がある。


*アラブ諸国では日本は「金だけ」と見られており、法外な額を身代金として突きつけるのは、「日本から取れるものなど金以外にない」という侮りの感情を表している。これはアラブ諸国でしばしば政府側の人間すらも露骨に表出させる感情であるため、根が深い。

これは池内氏自身が、特定の偏った感情を「アラブ諸国」に対して抱いていることを示唆している。根が深い。

【東大話法規則】6 自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する。

である。


*「集団的自衛権」とは無関係である。そもそも集団的自衛権と個別的自衛権の区別が議論されるのは日本だけである。

これは強烈なパンチである。しかしたとえば、NATOはその理念の中心を The principle of collective defence 集団的防衛の原則に置いている。

http://www.nato.int/cps/is/natohq/topics_110496.htm?

これが中心原則になる、ということはつまり彼らが単独の防衛と集団的防衛とを明確に区別しているからである。実際、スイスやオーストリアは「永世中立」を掲げて集団的防衛を否定してきた。オーストリアは1995年にEUに加盟し、NATOとも関係を持ったので、厳密な意味での永世中立は放棄したことになる。このときオーストリアでは激しい議論が行われたが、これは個別的防衛でいくのか集団的防衛に参加するのか、という議論である。

問題は、日本に憲法第九条があるので、本来は戦力を放棄しているずだというところにある。それゆえ「自衛権があるのかないのか」ということろが問題になって、そのために、集団的防衛の権利があるのかどうか、という議論になってしまうわけである。それゆえ「集団的自衛権」という奇妙な概念が出てきたのである。それだけのことであって、「そもそも集団的自衛権と個別的自衛権の区別が議論されるのは日本だけである」という言葉はおかしい。

(1)日本では欧米諸国と異なって、自衛権があるのかないのか、が議論になる。
(2)集団的防衛に参加するかどうかは、どこの国でも議論になりうる。
(3)しかし(1)の問題があるので、「個別的自衛権」「集団的自衛権」という特殊な用語が使われる。

という風に言わねばならない。

【東大話法規則】16 わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。

である。

ちなみに、BBCの以下の記事でもわかるように、日本の両者の区別をイギリスが<議論>している。

http://www.bbc.com/news/world-asia-28122791


現在日本が行っており、今回の安倍首相の中東訪問で再確認された経済援助は、従来から行われてきた中東諸国の経済開発、安定化、テロ対策、難民支援への資金供与となんら変わりなく、もちろん集団的・個別的自衛権のいずれとも関係がなく、関係があると受け止められる報道は現地にも国際メディアにもない。今回の安倍首相の中東訪問によって日本側には従来からの対中東政策に変更はないし、変更がなされたとも現地で受け止められていない

一般に、何かが「ない」ことを証明するのは非常に困難であって、ひとつでも反例を挙げられたら終わりであるから、学者は、通常、このような言葉の使い方をしないものである。これだけ「ない」という根拠なき断言を繰り返す人の発言を信用することは、私にはできない

【東大話法規則】9 「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。

の類だと判断する。


そうであれば、従来から行われてきた経済支援そのものが、「イスラーム国」等のグローバル・ジハードのイデオロギーを護持する集団からは、「欧米の支配に与する」ものとみられており、潜在的にはジハードの対象となっていたのが、今回の首相歴訪というタイミングで政治的に提起されたと考えらえれる。

上の「ない」の連打に根拠がない以上、この推論にも根拠がない。

【東大話法規則】5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。

である。

安倍首相が中東歴訪をして政策変更をしたからテロが行われたのではなく、単に首相が訪問して注目を集めたタイミングを狙って、従来から拘束されていた人質の殺害が予告されたという事実関係を、疎かにして議論してはならない。

これも同じことである。こんな証明不可能なことを、「事実」と称して論証を疎かにする文章を書いてはならない。


「イスラーム国」側の宣伝に無意識に乗り、「安倍政権批判」という政治目的のために、あたかも日本が政策変更を行っているかのように論じ、それが故にテロを誘発したと主張して、結果的にテロを正当化する議論が日本側に出てくるならば、少なくともそれがテロの暴力を政治目的に利用した議論だということは周知されなければならない。

「イスラーム国」のところに「安倍政権」を入れてみよう。

「安倍政権」側の宣伝に無意識に乗り、「安倍政権批判」の批判という政治目的のために、あたかも日本が政策変更を行っていないかのように論じ、それが故にテロを誘発したのではないと主張して、結果的に政治謀略を正当化する議論が日本側に出てくるならば、少なくともそれがテロの暴力を政治目的に利用した議論だということは周知されなければならない。

池内氏はこのような議論をしていないだろうか。


「特定の勢力の気分を害する政策をやればテロが起こるからやめろ」という議論が成り立つなら、民主政治も主権国家も成り立たない。ただ剥き出しの暴力を行使するものの意が通る社会になる。今回の件で、「イスラーム国を刺激した」ことを非難する論調を提示する者が出てきた場合、そのような暴力が勝つ社会にしたいのですかと問いたい。

これも同じことが出来る。

「特定の勢力の気分を害する政策をやれば政治弾圧が起こるからやめろ」という議論が成り立つなら、民主政治も主権国家も成り立たない。ただ剥き出しの政治的暴力を行使するものの意が通る社会になる。今回の件で、「イスラーム国を刺激した」ことを非難する論調を圧殺する者が出てきた場合、そのような暴力が勝つ社会にしたいのですかと問いたい。


*テロに怯えて「政策を変更した」「政策を変更したと思われる行動を行った」「政策を変更しようと主張する勢力が社会の中に多くいたと認識された」事実があれば、次のテロを誘発する。日本は軍事的な報復を行わないことが明白な国であるため、テロリストにとっては、テロを行うことへの閾値は低いが、テロを行なって得られる軍事的効果がないためメリットも薄い国だった。つまりテロリストにとって日本は標的としてロー・リスクではあるがロー・リターンの国だった。

決して身代金を払わないイギリスとアメリカとの国民が、頻繁にテロのターゲットになっている事実はどう説明するのだろうか。


しかしテロリスト側が中東諸国への経済支援まで正当なテロの対象であると主張しているのが今回の殺害予告の特徴であり、重大な要素である。それが日本国民に広く受け入れられるか、日本の政策になんらかの影響を与えたとみなされた場合は、今後テロの危険性は極めて高くなる。日本をテロの対象とすることがロー・リスクであるとともに、経済的に、あるいは外交姿勢を変えさせて欧米側陣営に象徴的な足並みの乱れを生じさせる、ハイ・リターンの国であることが明白になるからだ。

「正当なテロの対象であると主張」という表現が奇妙だが、それはおいておこう。

こんな風に、リスクとリターンで議論できるものなのだろうか。それを一概に言えるほど、単純なことではない。もし日本が政策変更したとして、それで調子に乗って頻繁にテロを日本に仕掛けたら、それこそ日本人も怒り狂い、諸外国がとめるもの聞かずISISに襲いかかってくる可能性だってある。

それに、身代金は支払わないが、人道的援助の対象にISISを加えるという政策だってある。現に、そこに沢山の悲惨な状況にある人々がいるのであるから。もちろん、そんなことをしたら足並みが乱れるだろうが、過去の経緯を見れば明らかだが、足並みを揃えていたって、ISISを弱らせるのは非常に困難である。

考えて見ればよいが、タリバンのアフガニスタンや、フセインのイラクを崩壊させる前と、させた後は、どちらがマシだっただろうか。やればやるほど具合が悪くなっていないだろうか。それは理由は簡単であって、国家というものが、実は壊れやすいものだからである。

国家が強固で、簡単には壊れないのであれば、その国に戦争を仕掛けて負けさせたら、それでOKである。日本がその例だ。日本は、戦っている間は本当に下手くそで間抜けであったが、負けたとなると、急に立派になり、それこそ世界史上、如何なる国よりも立派に負けた。それゆえにこそ、その後の繁栄があったのだ。これは日本が世界に誇りうることだ。

しかし、国家が脆弱であるなら、戦争を仕掛けられると、国家そのものが崩れてしまうのだ。そうなると、戦争に勝つことも負けることもできず、両者は無秩序の泥沼に足をとられるのだ。

ISISをたたきつぶせば、何が起きるかというと、更なる無秩序が起きる。というより、ISISは、まさに無秩序そのものを栄養にして成長する怪物のようなものだ。無秩序を拡大すれば、ますます成長するのかもしれない。そういう極めて厄介な相手であると考えるべきだ、と私は思う。

今、必要とされていることは、秩序の再生だ。それは、外部からの強権によって実現できるものではない。その地域の人々の間に、暴力を超える力が生成されなければ、決してできないことなのだ。一体、どうやったらそんなことができるのか、私にもまったくわからないが、そのような極めて難しい問題に直面しているのだ、と私は考える。少なくとも、暴力を行使し続ける限り、無秩序は拡大していく。


*「イスラエルに行ったからテロの対象になった」といった、日本社会に無自覚に存在する「村八分」の感覚とないまぜになった反ユダヤ主義の発言が、もし国際的に伝われば、先進国の一員としての日本の地位が疑われるとともに、揺さぶりに負けて原則を曲げる、先進国の中の最も脆弱な鎖と認識され、度重なるテロとその脅迫に怯えることになるだろう。

この文章は何かに怯えているように見える。私には、池内氏が「先進国村」の村八分にあうことにおびえているようにしか見えない。より具体的に言うと、「集団的自衛権と個別的自衛権の区別が議論されるのは日本だけ」とか「リスク」とか「リターン」という言葉遣いから、中東関係の国際政治学関係の学会に池内氏が行った時に、欧米の学者から、ボロカスに言われるのに怯えているように感じる。

「イスラエルに行ったからテロの対象になった」といった発言が、欧米の偉い学者に伝わり、「反ユダヤ主義」の烙印を押されたら、先進国の一員としての日本の一員たる私の学会での地位が疑われるとともに、揺さぶりに負けて原則を曲げる、先進国の中の最も脆弱な鎖と認識され、度重なる学問的テロとその脅迫に怯えることになるだろう。

というのが私の読み取った内容だ。


特に従来からの政策に変更を加えていない今回の訪問を理由に、「中東を訪問して各国政権と友好関係を結んだ」「イスラエル訪問をした」というだけをもって「テロの対象になって当然、責任はアベにある」という言論がもし出てくれば、それはテロの暴力の威嚇を背にして自らの政治的立場を通そうとする、極めて悪質なものであることを、理解しなければならない。

これは、

「中東を訪問して各国政権と友好関係を結んだ」「イスラエル訪問をした」というだけをもって

というところがミソである。誰がそんな理由でテロが起きた、と言ったのであろうか。教えて欲しい。こういう極めて稚拙でトンチンカンな理由を出しておいて、

「テロの対象になって当然、責任はアベにある」という言論

に対してイメージ操作を行い、その上で「極めて悪質」と畳み掛けるような手口は、汚い。

これこそまさにテロの暴力の威嚇を背にして自らの政治的立場を通そうとする、極めて悪質なものであることを、理解しなければならない。
  1. 2015/01/22(木) 17:28:15|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東京大学における軍事研究の禁止について」という文書の解析

これは実に奇妙な文章である。「東京大学における軍事研究の禁止について」というタイトルであるから、そのまま見れば、軍事研究を禁止する文章に見える。しかも第一段落では、

「学術における軍事研究の禁止は…東京大学の教育研究のもっとも重要な基本原則の一つである。」(0)

と明記されているので、つまり、軍事研究禁止の原則を確認しているわけである。

ところがそこから話が徐々にズレていく。第二段落で、

「日本国民の安心と安全に、東京大学も大きな責任を持つことは言うまでもない。」(1)

というが、そんな責任を東京大学が持つ、という話は聞いたことがない。たとえば東大憲章にはそのようなことは一言も書かれていない。そこには、

国籍、民族、言語等のあらゆる境を超えた人類普遍の真理と真実を追究し、世界の平和と人類の福祉、人類と自然の共存、安全な環境の創造、諸地域の均衡のとれた持続的な発展、科学・技術の進歩、および文化の批判的継承と創造に、その教育・研究を通じて貢献することを、あらためて決意する。 (A)

と書かれており、「人類普遍の真理と真実を追究」し「世界の平和と人類の福祉」に貢献することが使命だと高らかに宣言している。(A)では「人類普遍」主義を主張しながら、(1)では「日本国民」主義を主張している。両者は明らかに齟齬している。

その上で次のように言う。

「そして、その責任は、何よりも、世界の知との自由闊達な交流を通じた学術の発展によってこそ達成しうるものである。」(2)

「世界の知」という奇妙な言葉は、文書全体の欺瞞性の象徴であるが、ここでは論じない。ここで言っていることは、(1)に示された責任は(2)によって達成される、というのであるが、両方をくっつけると、

「日本国民の安全・安心という東大の責任は、学術の発展で達成される。」(2’)

ということになる。これは、学術の発展を日本国民の安全・安心の手段とする、という意味であり、学術の純粋性を自ら放棄していることになる。つまり、東大憲章に示された理念を、放棄していることになる。

そして次に、

「軍事研究がそうした開かれた自由な知の交流の障害となることは回避されるべきである。」(4)

と「軍事研究」が現れる。ここでは(3)で提示された、

日本国民の安全・安心 ← 学術の発展 ← 世界の知との交流(3’)

という関係性を前提として、「軍事研究」が「開かれた自由な知の交流の障害」となってはいけない、という話が持ちだされる。なぜなら、それでは「日本国民の安全・安心」が達成できないからである。

しかしここでよく考えてみよう。「軍事研究」に関する文脈で、「日本国民の安全・安心」という言葉は何を意味するのだろうか。すくなくともそれは「安全保障」を含意している。そればかりかこの言葉は「安全保障」の言い換えではないだろうか。そしてそもそも「安全保障」は「軍事」の言い換えである。ということは、

日本国民の安全・安心=日本の安全保障=日本の軍事

ということになる。そうすると(4)の主旨は、

開かれた自由な知の交流が軍事によって阻害され、学術の発展が滞り、それが軍事の妨げになってはいけない(4’)

ということであり、さらに言い換えると、

軍事研究が軍事研究を阻害してはならない(4’’)

というぐるぐる周りの循環論法を展開していることになっている。これは常に満たされる恒等式であるから、何の歯止めにもならない。つまり、軍事研究は全面的に解禁される、ということになってしまう。

このように軍事研究禁止原則を無効化した上で、とどめを刺す。

「軍事研究の意味合いは曖昧であり、防御目的であれば許容されるべきであるという考え方や、攻撃目的と防御目的との区別は困難であるとの考え方もありうる。また、過去の評議会での議論でも出されているように、学問研究はその扱い方によって平和目的にも軍事目的にも利用される可能性(両義性:デュアル・ユース)が、本質的に存在する。実際に、現代において、東京大学での研究成果について、デュアル・ユースの可能性は高まっていると考えられる。」(5)

ここで言っていることは、「結局のところ、どんな知識だって、善用もできれば悪用もできる。防御にも使えれば攻撃にも使える。平和利用もできれば軍事利用もできる。現代ではますますそうなっているよね。」ということである。これはつまり、

「ある研究が、軍事かどうかは、それ自身としては判定できない」

という意味である。

以上をまとめると、

・「軍事研究禁止原則は保持する」
・「軍事研究は軍事研究を阻害してはならない」
・「ある研究が軍事かどうかは判定できない」

ということになる。これによって軍事研究禁止を保持しながら、それを完全に無効化することができる。

そしていよいよ本題に入る。

「このような状況を考慮すれば、東京大学における軍事研究の禁止の原則について一般的に論じるだけでなく、世界の知との自由闊達な交流こそがもっとも国民の安心と安全に寄与しうるという基本認識を前提とし、そのために研究成果の公開性が大学の学術の根幹をなすことを踏まえつつ、具体的な個々の場面での適切なデュアル・ユースのあり方を丁寧に議論し対応していくことが必要であると考える。」(6)

「このような状況を考慮すれば、東京大学における軍事研究の禁止の原則について一般的に論じるだけでなく」というのは、つまり「軍事研究の禁止の原則」は一般的な議論の対象に格下げになる、ということである。「世界の知との自由闊達な交流こそがもっとも国民の安心と安全に寄与しうるという基本認識」は、(3’)の図式を確認している。

「研究成果の公開性が大学の学術の根幹をなす」という表現は実に受け入れがたい。東大憲章では「人類普遍の真理と真実を追究」することが学術の根幹だと宣言していたのではないだろうか。

研究成果を公開したからといって、それが人類普遍の真理と真実であることはまったく保証されない。というのも、大抵の研究は後から間違っているか、意味が無いことが確認されるものだからである。研究成果と称するもののごくごく一部だけが、長い年月を経て人類普遍の真理として受け入れられていく、という学術の歴史を見れば、それは当然のことである。

研究というものは、一人の研究者が一生掛けても大抵は達成しえないような人類普遍の真理の追求のために、全身全霊で献身するところではじめて可能となる。それはキレイごとでもなんでもなく、厳然たる事実である。東大憲章に謳われた「国籍、民族、言語等のあらゆる境を超えた人類普遍の真理と真実を追究」するという東大の責務からかんがえるなら、研究成果の公開というものはアタリマエのことであって、単なる前提条件に過ぎない。

しかもその公開の必然性は、それが「国民の安心と安全=安全保障=軍事」に貢献するために必要なのだ、という脆弱な論理の上に構築されている。こんなことで学問の自立性や独立性を守ることは、決してできない。

産経新聞の報道によれば、

東大は解禁理由について「デュアルユース研究は各国の大学で行われている。研究成果の公開性を担保する国際的な動向に沿った形で、ガイドライン改訂を行った」と強調している。

ということなのだが、これはガイドラインにも何もなっていない。このような矛盾に満ちた文書で軍事研究原則を無意味化すれば、必然的に軍事研究大学へと転がり落ちていくであろう。それが「各国の大学」で行われているとしても、果たして「第二次世界大戦の惨禍への反省を踏まえて」いるはずの大学にふさわしいかどうか、極めて疑問である。

そしてまた、更に驚いたことにこの文章を書いている最中に(2015年1月16日21時29分)、朝日新聞で『東大「軍事研究認めない」 「解禁」の一部報道を否定』という次のような記事が出た。

=============
 軍事に関わる研究を禁止している東京大学で、大学院の情報理工学系研究科が昨年12月、「科学研究ガイドライン」を改訂した。これについて一部の報道機関が16日に「軍事研究を解禁」などと報道。東大は同日、「報道内容が間違っている」と否定した。広報課は「誤解を招いたようだが、軍事研究禁止の方針はこれまでと変わらず、一部でも認めない」と説明した。「今後は個別の研究を確認し、軍事目的の研究と判断すれば研究を認めない」としている。
 東大によると、ガイドラインは同研究科の学生向けに2011年に作られた。改訂では「一切の例外なく軍事研究を禁止する」という文言を削除し、「成果が非公開となる機密性の高い軍事を目的とする研究は行わない」と追加した。
 東大は、こうした改訂が「軍事研究の解禁」と解釈されたとみている。研究科に対し、「誤解のない表現を工夫するよう伝える」という。
=============

これを見ると、ここで解析した総長の文書は、「東大が軍事研究を解禁した」という報道を否定するために出た、ということになろう。とするとこれは、まったく開いた口が塞がらない。というのも、上で見たように、この文書は東大憲章と齟齬する論理によって構築された、軍事研究を可能にするものだからである。

東大が軍事研究解禁報道を否定するというのであれば、総長は直ちにこの文書を撤回されるべきである。さもないと、これを根拠として軍事研究が進んでしまうからだ。そして、東大憲章に基づいた強力な議論を構築されるように切望する。

さもなくば、この文書の目的は、騒ぎが大きくならないように「軍事研究の否定」のポーズを示しつつ、実際は、軍事研究を可能にする、という目的で作成された、ということになる。東京大学の総長がこのような欺瞞を率先して示すなら、その影響は計り知れない。



============

http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/notices/3564/

東京大学における軍事研究の禁止について
2015年01月16日掲載

 学術における軍事研究の禁止は、政府見解にも示されているような第二次世界大戦の惨禍への反省を踏まえて、東京大学の評議会での総長発言を通じて引き継がれてきた、東京大学の教育研究のもっとも重要な基本原則の一つである。この原理は、「世界の公共性に奉仕する大学」たらんことを目指す東京大学憲章によっても裏打ちされている。

 日本国民の安心と安全に、東京大学も大きな責任を持つことは言うまでもない。そして、その責任は、何よりも、世界の知との自由闊達な交流を通じた学術の発展によってこそ達成しうるものである。軍事研究がそうした開かれた自由な知の交流の障害となることは回避されるべきである。

 軍事研究の意味合いは曖昧であり、防御目的であれば許容されるべきであるという考え方や、攻撃目的と防御目的との区別は困難であるとの考え方もありうる。また、過去の評議会での議論でも出されているように、学問研究はその扱い方によって平和目的にも軍事目的にも利用される可能性(両義性:デュアル・ユース)が、本質的に存在する。実際に、現代において、東京大学での研究成果について、デュアル・ユースの可能性は高まっていると考えられる。

 このような状況を考慮すれば、東京大学における軍事研究の禁止の原則について一般的に論じるだけでなく、世界の知との自由闊達な交流こそがもっとも国民の安心と安全に寄与しうるという基本認識を前提とし、そのために研究成果の公開性が大学の学術の根幹をなすことを踏まえつつ、具体的な個々の場面での適切なデュアル・ユースのあり方を丁寧に議論し対応していくことが必要であると考える。


平成27年1月16日
東京大学総長 濱田 純一

=========

東大、軍事研究を解禁 公開前提に一定の歯止め
産経新聞 1月16日(金)7時55分配信

 東京大学(浜田純一総長)が禁じてきた軍事研究を解禁したことが15日、分かった。東大関係者が明らかにした。安倍晋三政権が大学の軍事研究の有効活用を目指す国家安全保障戦略を閣議決定していることを踏まえ、政府から毎年800億円規模の交付金を得ている東大が方針転換した。軍事研究を禁じている他大学への運営方針にも影響を与えそうだ。

 東大は昭和34年、42年の評議会で「軍事研究はもちろん、軍事研究として疑われるものも行わない」方針を確認し、全学部で軍事研究を禁じた。さらに東大と東大職員組合が44年、軍事研究と軍からの援助禁止で合意するなど軍事忌避の体質が続いてきた。

 ところが、昨年12月に大学院の情報理工学系研究科のガイドラインを改訂し、「軍事・平和利用の両義性を深く意識し、研究を進める」と明記。軍民両用(デュアルユース)技術研究を容認した。ただ、「成果が非公開となる機密性の高い軍事研究は行わない」と歯止めもかけた。以前は「一切の例外なく、軍事研究を禁止する」としていた。

 東大などによると、評議会は審議機関で、軍事研究の是非など運営方針の決定権は総長にある。総長には審議結果に従う法的な義務はない。それにもかかわらず、東大は評議会での一部の総長らの軍事忌避に関する発言をよりどころに禁止方針を継承してきた。

 東大は解禁理由について「デュアルユース研究は各国の大学で行われている。研究成果の公開性を担保する国際的な動向に沿った形で、ガイドライン改訂を行った」と強調している。

 東大の軍事研究をめぐっては、昨年4月、複数の教授らが平成17年以降、米空軍傘下の団体から研究費名目などで現金を受け取っていたことが判明し、学内の独自ルールに手足を縛られてきた研究者が反旗を翻した。5月には防衛省が、不具合が起きた航空自衛隊輸送機の原因究明のため、大学院教授に調査協力を要請したが、拒否された。
  1. 2015/01/17(土) 09:58:28|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1月17日の夕刻 「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会 キラキラ外苑ウオーク」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
迎春

「神宮の森と空を守ろう、思い出のつまった今の国立競技場を改修して使い続けよう」
という提案にご賛同下さったみなさま

「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」を応援していただき、ありがとうございます。槇文彦氏、伊東豊雄氏、磯崎新氏はじめ建築の専門家の異議、私たち市民35000人以上の再考の願いを一顧だにせず、新国立競技場計画は粛々と暴走を続けています。

IOCは既存施設の利用、分散開催の了承含め、持続可能なオリンピックに向けて舵を切りました。東京都の舛添知事も施設の分散や縮小で、より安価で効果的なオリンピックにしようと努力しています。ひとりJSCだけが相変わらず重厚長大型のスタジアムの既定路線を進むつもりのようです。

解体入札は不調、官製疑惑などで遅れておりましたが、12月に北工区・南工区ともに解体業者が決まり、1月末より解体が始まる模様です。

その前に、もう一度、わたしたち市民の気持ちを社会にアピールしたいと考えます。
昨年7月6日に行なわれた「国立さんを囲む会」を前回の主催者との協力のもと、

1月17日の夕刻に「キラキラ外苑ウオーク」を行ないます。

前回の街頭アピールは全世界に報道されました。勉強会や国会対策も大事ですが、やっぱり街頭で意志を表明する事が今一番大切のようです。寒い冬の夕方ですが、最後の機会かもしれません。前回を越える人数で、私たちのレガシーであり、ヘリテージである現国立競技場に、感謝と愛惜のライトを捧げましょう!
将来世代のつけとなるホワイトエレファントを作らせないために。

解体されてもなお、私たちはより良い競技場計画を求めて、できる範囲で活動していくことにいたします。これからもさまざまなご支援をお願い申し上げます。

2015年1月


神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp
  1. 2015/01/08(木) 21:51:01|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講演討論会 「暴力を〈無〉にするための神秘主義」 @慶応大学三田校舎

講演討論会 「暴力を〈無〉にするための神秘主義」
Mit Mystik der Gewalt zu Leibe ruecken 

日時:2015年1月13日(火) 18:30-21:00
場所:慶應義塾大学 三田校舎 大学院棟 313教室

講演者
香田芳樹 + 安冨 歩 (東京大学東洋文化研究所教授)

昨今国際的にも、日常的にも常態化している「暴力」「紛争」「ヘイトスピー チ」「ハラスメント」といった破壊行為に対抗するための思考回路が、神秘思想にあるのではないかという問題提起から出発して、具体的な反暴力への提言を したいと考えています。ゲストの安冨 歩さんは『東大話法』や 『誰が星の王 子さまを殺したのか』などの著作を通して、日本の原発行政や立場主義を厳しく 批判する論客です。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

香田芳樹 (慶應義塾大学)
  1. 2015/01/08(木) 21:42:34|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEYOND の「海闊天空」で振り返る香港雨傘革命




日本のテレビ番組でリーダーの黄家駒が事故死して休止してしまった香港のバンド BEYOND の名曲「海闊天空」と共に振り返る香港雨傘革命。何が何だかわかっていない人も、とりあえずこれを見て、漢字の字幕を追っていれば、なんとなくわかるはず。

  1. 2015/01/01(木) 14:53:05|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月14日(木) またまたライブ

またもや、ライブをすることに。。。
今回はラテンアメリカの「新しい歌」の歌手、八木啓代さんのお招きで、
厚かましくも歌うことになりました。
もちろん、しゃべります。

なんでも八木さんが、私と大熊ワタルさんとが、似ている、
と思ったそうで、それで紹介がてらライブをする、という
意味の分からない流れでこうなりました。


今回は、ビクトル・ハラの名曲、

チェのサンバ https://www.youtube.com/watch?v=gALdDksnxm8

に挑戦します。
あと、私の自作自演の、

星の王子さま(オリジナルバージョン・世界初演!)
インビクタス
サリエリの歌 https://www.youtube.com/watch?v=XHU-7uth87w

なども演奏する予定です。(ホントにできるのか?!)

どうぞ、お越しください。
私以外は、バリバリのプロばかりです。

チラシに出ていないのですが、天才即興音楽師・片岡祐介さんが参加してくださいます。


1月14日(水) 大塚 Welcome back
八木啓代&Friends feat. 安富歩
(東京都豊島区南大塚3-44-11 フサカビルB1)
お問い合わせ・ご予約/03-5957-5141
Open p.m.6:30 Start p.m. 7:30 〜 Charge:2,500円

アクセス/JR「大塚」駅下車。南口から徒歩2分   地図

※安富歩氏をゲストに、アンダーグラウンド界の帝王大熊ワタル (cl)、巧者・阿部篤志(p)との異種格闘技がよみがえります。

もちろんトークタイムもあります!
Vo.八木啓代、P. 阿部篤志、Cl. 大熊ワタル+Vo.安富歩
フライヤーダウンロード 

http://nobuyoyagi.com/PDF/150114.pdf150114.jpg
  1. 2014/12/27(土) 12:21:38|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイケル・ジャクソンの思想:講演会

マイケルの講演だよ!
(受付開始は12/26の予定です。まだ申し込みしないでね。)

michaelkouen2.png
michaelkouen1.pngmichaelkouen3.png

この講演ではブカレストのDVDを見ながら途中でどんどんツッコミを入れていく、という形になるはずです。ま、当日にならないと、何するか、わかりませんが。。。

当然、衣装もいろいろ考えています。お楽しみに!
  1. 2014/12/20(土) 12:01:27|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【12/8】渋谷ラストワルツ シンポギグ

フライヤー


http://lastwaltz.info/2014/12/post-13592/

「女装の東大教授」と巷で話題騒然の 安冨歩が、渋谷のライヴハウスに登場。
ゲストとして多方面で大活躍の

”チバレイ”こと千葉麗子さん

原発メーカー訴訟の弁護団長

"ロックンローヤー" 島昭宏さん

を迎え、熱いトークを繰り広げます。トークのネタは、安冨の近著『誰が星の王子さまを殺したのか〜モラル・ハラスメントの罠』を中心に、その観点から現在展開中の選挙をはじめとする現代社会の諸問題を論じます。

そしてさらに、ボーカリスト安冨歩として、

ロックバンド「GOLZ」

とともに魂のロックライブに挑戦します!

「島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS」

も緊急参戦決定! 

【出演】安冨歩(東大教授)、千葉麗子、島昭宏(弁護士)、GOLZ(+毛利良平:pf、大久保博志:drs)、島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS

開場 19:00 開演 19:30
全席自由 ご予約 /当日 ¥2,500(税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

音楽はゴルツの演奏、島バンド、安冨+ゴルツがそれぞれ何曲か演奏します。

安冨が歌うのは

・ジュリーの反タガメ女ソング「麗人」
・アニメ「デビルマン」の主題歌
・伝説のバンドじゃがたらの名曲「もうがまんできない」
・安冨作品「同じ道」
・安冨新作「星の王子さま」「インビクタス」


これを聞き逃したら、一生後悔するぜ!!

新作の1つ目は、安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか〜モラル・ハラスメントの罠〜』(明石書店)の内容を表現したもの。学者が自分でプロモーションソングを作って歌う、というのは珍しい!

新作の2つ目は、ネルソン・マンデラが獄中で愛読したとされる William Ernest Henley の詩をもとにして、作詞作曲したもの。

両方共、歌詞を下に公開します。
Invictus の方は、元の詩と、私の訳詩も公開しました。


==============================
星の王子さま
作詞・作曲 安冨歩
編曲    片岡祐介


王子は死んだ ヘビに噛ませて死んだ
王子は消えた 砂に倒れて消えた

バラの種が ある日彼の
星に飛んで やってきた
バラの香り 酔いしれつつ
バラの棘に いたぶられて

咳き込みつつ バラは言った
悪いのはあなた いつもあなた
王子はある日 夕日を見た
よんじゅうよん回も 夕日を見た


王子は聞いた キツネの嘘を聞いた
王子は死んだ 罪悪感で死んだ

キツネは言った 飼いならすは
きずなをむすぶ そういう意味
王子は言った  バラが彼を
飼いならした  私の星で

たいせつなこと 眼には見えない
ほんとは王子が 飼いならした
キツネは言った 飼いならしたら
永遠に 責任がある


王子は行った 飛行士を残し行った
王子は消えた  星の砂漠で消えた

さばくにおちた 飛行士は
ひつじ描いてと 言われて起きた
王子の姿 美しく
王子の話 物悲しく

ふるえながら 王子は言った
悪いのは私  いつも私
王子はその夜 飛行士を残し
バラの元へと 砂に消えた

王子は死んだ ヘビに噛ませて死んだ
王子は消えた 砂に倒れて消えた
==============================


Invictus

征服されざる者

原作
William Ernest Henley. 1849-1903
訳詞 安冨歩
作曲 安冨歩

1)
闇夜を抜けて
神々に感謝する
征服されざる
我が魂のゆえ

運命の棍棒に
頭(こうべ)を打たれても
私はひるまない
叫びもしない

我が運命の 私が長であり、
我が魂の  私が主である。


2)
怒りと悲しみの
この地を越えて
怖れることなき
我が魂を知れ

あの門がいかに
狭かろうとも
私は構わない
劫罰さえも

我が運命の 私が長であり、
我が魂の  私が主である。



William Ernest Henley. 1849-1903

Invictus
征服されざる者

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

北極と南極とを貫く竪穴のように暗い、
私を覆う闇夜を抜けて、
如何なる神々にであれ、私は感謝する。
征服されざる我が魂のゆえに。

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

獰猛なる苦境の魔手なかで、
私はひるまず、叫び声も挙げない。
運命の棍棒の下で、
我が頭は血まみれになろうとも、屈しはしない。

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

この憤怒と悲嘆の地を越えて、
ただ亡霊の恐怖が現れる。
永年にわたる脅迫でさえ、
私が恐れぬことを見出し、見出すはずだ。

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

あの門が如何に狭かろうと、
如何なる劫罰が用意されようと構いはしない。
私が、我が運命の主であり、
私が、我が魂の長である。

=====================================

【安冨歩 トーク&ミュージックスペシャルライヴ】

女装の東大教授と巷で話題騒然の 安冨歩(やすとみあゆむ)博士が、渋谷のライヴハウスに登場。近著「誰が星の王子さまを殺したのか」への思い、「女装」に対する思いを語ります。また、2014年を振り返り、2015年が果たしてどんな年になるか、前衆議院議員の平智之氏とともに議論してもらいます。さらに、ボーカル安冨歩として、ロックバンドGOLZとともに、魂のロックライブに挑戦します! 

【日時】 12月8日(月)19:00開場 19:30開演

【会場】 渋谷 Last Waltz by Shiosai 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F

【チケット】 全席自由 ご予約 /当日 ¥2,500(税込み ドリンク別)

【出演】

安冨 歩 (東京大学東洋文化研究所教授/京都大学経済学部卒/経済学博士)

主な著書:「ドラッカーと論語」(東洋経済新報社)「誰が星の王子さまを殺したのか」(明石書店)他 多数

テレビ出演:フジテレビ アウトデラックス

【ゲスト】

平 智之 (前衆議院議員/京都大学工学部物理工学科卒)

主な著書:「禁原発と成長戦略」(明石書店)「なぜ少数派に政治が動かされるのか?」(ディスカバー21)

テレビ出演:モーレツ!科学教室

【演奏】

GOLZ 

基地の街、東京福生を活動の拠点とするロックバンド

安冨歩の曲のバンドアレンジを担当。

今回は、オリジナルメンバーに加え、毛利良平、大久保博志とともに演奏する。

【予約】

ご予約の際は  1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号を明記の上、 lastwaltz@shiosai.com までメールを送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

【主催・企画】 澤田健一 http://ken1sawada.com
  1. 2014/12/03(水) 23:37:04|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【12.08 渋谷ラストワルツ 安冨歩&GOLZ】

ロック・コンサートをすることになった!!!
もちろん、平智之トンチ博士が駆けつけてくれて、トークショーも!!

歌いながら、歌を解説しつつ、世界を語ります。
そしてギンギンの衣装を用意しつつあるので、お楽しみに。

wp.me/p2bDq0-aW

曲目が すごいぞ。

・ジュリーの反タガメ女ソング「麗人」
・アニメ「デビルマン」の主題歌
・伝説のバンドじゃがたらの名曲「もうがまんできない」
・安冨作品「同じ道」
・安冨新作「星の王子さま」「インビクタス」

そもそも6曲もシャウトして、喉はだいじょうぶなのか?!
最初で最後の挑戦になるかもしれない。。。。

それに、本当に新作を二曲も歌えるのかどうか。。。。
まぁ、プロの集まるハイレベルのロックバンドだからなんとかしてくれるだろう。

これを聞き逃したら、一生後悔するぜ!!

新作の1つ目は、安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか〜モラル・ハラスメントの罠〜』(明石書店)の内容を表現する。

新作の2つ目は、ネルソン・マンデラが獄中で愛読したとされる William Ernest Henley の詩をもとにして、作詞作曲したものだ。

両方共、歌詞を下に公開する。
Invictus の方は、元の詩と、私の訳詩も公開した。


==============================
星の王子さま
作詞・作曲 安冨歩
編曲    片岡祐介


王子は死んだ ヘビに噛ませて死んだ
王子は消えた 砂に倒れて消えた

バラの種が ある日彼の
星に飛んで やってきた
バラの香り 酔いしれつつ
バラの棘に いたぶられて

咳き込みつつ バラは言った
悪いのはあなた いつもあなた
王子はある日 夕日を見た
よんじゅうよん回も 夕日を見た


王子は聞いた キツネの嘘を聞いた
王子は死んだ 罪悪感で死んだ

キツネは言った 飼いならすは
きずなをむすぶ そういう意味
王子は言った  バラが彼を
飼いならした  私の星で

たいせつなこと 眼には見えない
ほんとは王子が 飼いならした
キツネは言った 飼いならしたら
永遠に 責任がある


王子は行った 飛行士を残し行った
王子は消えた  星の砂漠で消えた

さばくにおちた 飛行士は
ひつじ描いてと 言われて起きた
王子の姿 美しく
王子の話 物悲しく

ふるえながら 王子は言った
悪いのは私  いつも私
王子はその夜 飛行士を残し
バラの元へと 砂に消えた

王子は死んだ ヘビに噛ませて死んだ
王子は消えた 砂に倒れて消えた
==============================


Invictus

征服されざる者

原作
William Ernest Henley. 1849-1903
訳詞 安冨歩
作曲 安冨歩

1)
闇夜を抜けて
神々に感謝する
征服されざる
我が魂のゆえ

運命の棍棒に
頭(こうべ)を打たれても
私はひるまない
叫びもしない

我が運命の 私が長であり、
我が魂の  私が主である。


2)
怒りと悲しみの
この地を越えて
怖れることなき
我が魂を知れ

あの門がいかに
狭かろうとも
私は構わない
劫罰さえも

我が運命の 私が長であり、
我が魂の  私が主である。



William Ernest Henley. 1849-1903

Invictus
征服されざる者

Out of the night that covers me,
Black as the Pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

北極と南極とを貫く竪穴のように暗い、
私を覆う闇夜を抜けて、
如何なる神々にであれ、私は感謝する。
征服されざる我が魂のゆえに。

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

獰猛なる苦境の魔手なかで、
私はひるまず、叫び声も挙げない。
運命の棍棒の下で、
我が頭は血まみれになろうとも、屈しはしない。

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

この憤怒と悲嘆の地を越えて、
ただ亡霊の恐怖が現れる。
永年にわたる脅迫でさえ、
私が恐れぬことを見出し、見出すはずだ。

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll.
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

あの門が如何に狭かろうと、
如何なる劫罰が用意されようと構いはしない。
私が、我が運命の主であり、
私が、我が魂の長である。

=====================================

【安冨歩 トーク&ミュージックスペシャルライヴ】

女装の東大教授と巷で話題騒然の 安冨歩(やすとみあゆむ)博士が、渋谷のライヴハウスに登場。近著「誰が星の王子さまを殺したのか」への思い、「女装」に対する思いを語ります。また、2014年を振り返り、2015年が果たしてどんな年になるか、前衆議院議員の平智之氏とともに議論してもらいます。さらに、ボーカル安冨歩として、ロックバンドGOLZとともに、魂のロックライブに挑戦します! 

【日時】 12月8日(月)19:00開場 19:30開演

【会場】 渋谷 Last Waltz by Shiosai 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F

【チケット】 全席自由 ご予約 /当日 ¥2,500(税込み ドリンク別)

【出演】

安冨 歩 (東京大学東洋文化研究所教授/京都大学経済学部卒/経済学博士)

主な著書:「ドラッカーと論語」(東洋経済新報社)「誰が星の王子さまを殺したのか」(明石書店)他 多数

テレビ出演:フジテレビ アウトデラックス

【ゲスト】

平 智之 (前衆議院議員/京都大学工学部物理工学科卒)

主な著書:「禁原発と成長戦略」(明石書店)「なぜ少数派に政治が動かされるのか?」(ディスカバー21)

テレビ出演:モーレツ!科学教室

【演奏】

GOLZ 

基地の街、東京福生を活動の拠点とするロックバンド

安冨歩の曲のバンドアレンジを担当。

今回は、オリジナルメンバーに加え、毛利良平、大久保博志とともに演奏する。

【予約】

ご予約の際は  1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号を明記の上、 lastwaltz@shiosai.com までメールを送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

【主催・企画】 澤田健一 http://ken1sawada.com

  1. 2014/11/11(火) 00:09:56|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆるキャラと象徴天皇制

20141109k0000m040034000p_size8.jpg
http://mainichi.jp/select/news/20141109k0000m040029000c.html


昨日、牧野植物園に行った。すばらしい植物園だった。
しかし、驚いたことに、ゆるキャラの菊人形というのをやっていた。
そりゃ変だな〜と思ってパスしようとしたが、なにか厳かな雰囲気が漂っていた。
この日は、ミクロネシアの大統領が植物園を訪問されていたそうなので、大統領がおられるのかと思って入って行ったら、中にいたのは、しんじょうくんという高知県須崎市のゆるキャラだった。
その雰囲気に私は、

「大統領がいるみたいだ!」

と思った。いや正確には、

「王様がいるみたいだ!」

と思ったのだ。そしてその瞬間に、なぜ日本各地の自治体がゆるキャラに熱狂しているのか、その理由が理解できた。

日本人は、殿様が好きなのだ。殿様がいないと寂しいのだ。市長とか知事とかは、ぜんぜん好きになれないオヤジばっかりだし、コロコロ変わるので、まったく親しみがわかない。

実際、元殿様が知事をやっているケースも多い。秋田県に講演に行った時に、藩主佐竹家の話を聞いて、「佐竹さん、今なにやっているんですか?」と聞いたら「知事やってます」とのお答えであった。「すげ〜、なんもかわってないですね〜」と感心してしまったが、やはり殿様が居てくれたほうが、安心するのである。

しかしほとんどの自治体では殿様は首長をやってくれない。
仕方ないので、その空隙を、ゆるキャラで埋めているのだ。

私でも知っているゆるキャラといえば、ひこにゃん、で元祖ゆるキャラみたいなものだと思うが、これは明らかに武将であるから、殿様の代わりだといって良いであろう。

http://hikone-hikonyan.jp


すなわち、日本の首長が満たし得ていない機能、つまり各自治体の精神的な統合の不変の象徴という役割を、ゆるキャラが果たしているのである。

そう考えて私は、随分とスッキリしたのであった。

そして更に、それが日本国憲法体制の象徴天皇と機能が一致している、という驚くべき事実に気づいた。

天皇は、日本国のゆるキャラだったのだ。。。

思いもしなかったことであったが、そう思うと、非常にスッキリしたのである。
それは日本国憲法体制にかぎらず、日本の長年の伝統だと言っても良いであろう。
だからこそ権力者はコロコロ入れ替わっても、万世一系の帝を頂く、ということが可能になったのである。

そして同時に、ゆるキャラの機能を、天皇陛下をはじめとする皇室の皆さまという、生身の人間に背負わせている、という事実にも、私は直面せざるをえなかった。それはどれほど大変なことであろうか。いっそのこと、ホントにゆるキャラにしてしまえば、そんな重い責務から人間を解放できるのであろうが。。。


追記:
【日本国憲法 第一条  天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて…】
天皇が「国」と「統合」の象徴というのは変だと思っていた。
「天皇は、日本国のゆるキャラであり日本国民統合の象徴であつて」と解釈すれば矛盾なく理解できる。




  1. 2014/11/09(日) 11:10:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森嶋通夫のソフトウェア防衛論の今日的意義

森嶋学特別講義

安冨歩先生(東京大学教授)による 「森嶋通夫のソフトウェア防衛論の今日的意義」

開催日時:2014(平成 26)年11月3日(月・祝) 午後 2 時~(終了午後 5 時頃)
場所:市民大学院 文化政策・まちづくり大学校(国際文化政策研究教育学会) 京都市下京区繁昌町 290 番地 旧成徳中学校校舎2階(高辻室町西入る)

(京都市営地下鉄四条駅、阪急京都線烏丸駅下車徒歩約 8 分) 事前予約:必要(定員約 15 名程度 定員になり次第予約終了)

予約方法:yasunobu@bunka-seisaku.org までメールにて(氏名、人数を明記願います) 資料代:参加費は無料ですが、資料代として500円を頂く予定。

<問い合わせ先>
市民大学院 まちづくり・文化政策大学校(国際文化政策研究教育学会)
担当 中西 康信(なかにし やすのぶ)
〒600-8433 京都市下京区繁昌町 290 番地 旧成徳中学校2階 (高辻室町西入る) 電話 075-354-9510 ファックス 075-354-9520
E-mail: yasunobu@bunka-seisaku.org
  1. 2014/10/29(水) 23:21:10|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

長野県泰阜村での講演「「満洲国」はなぜ、どのようにしてできたのか?:大豆・総力戦・天皇」

長野県泰阜村での講演の記事が信濃毎日新聞に出た。

信濃毎日新聞の記事
  1. 2014/10/21(火) 17:56:07|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ume Yoshida https://www.facebook.com/ume.yoshida.3 さんの『誰が星の王子さまを殺したのか』の書評

「日本ブログ村」の「猫の闘病生活」というジャンルがあるらしい。

http://cat.blogmura.com/cat_disease/

そのなかで常に上位に位置する

「ウメの健康日記: ぼくは20歳の猫です。脳腫瘍かもしれないとの診断を受けましたが、ぼくは元気です。」
http://www.umediary.com/entry/2014/09/29/231950

というブログを書いておられる

Ume Yoshida さん https://www.facebook.com/ume.yoshida.3

が、『誰が星の王子さまを殺したのか』についてのアマゾンに書評を書いてくださった。重要なので、こちらに転載させていただいた。

http://www.amazon.co.jp/誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠-安冨-歩/dp/4750340456/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1412080753&sr=8-1&keywords=安冨歩#customerReviews


==========

『誰が星の王子さまを殺したのか ―モラル・ハラスメントの罠―』を読んで、私は、過去の自分の体験を整理することができました。
以下は、私の体験からの推論です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「このことは、誰にも話すなよ。」

虐待にも色々な形がありますが、加害者は、このようなセリフを好むようです。私も、セクハラやパワハラ、モラハラなど、様々な場面で、色々な立場の人達から、このセリフを何度も言われました。

このセリフを言われるとき、被害者は大抵、恐怖で金縛りになったような状態に陥っていると思います。だから被害者は、加害者の指示に従って、長期間にわたり、自分の受けている暴力について誰にも告げずに沈黙を守ろうとするのではないでしょうか。また、「あの人は、私のために良かれと思ってやってくれているに違いない」と信じようとしてしまうのも、被害者の沈黙を長引かせる原因の一つだと思います。

しかし加害者の方は、自らの残忍さの成果を確認・堪能し誇示したいとの欲望から逃れられないらしく、被害者への暴力の程度をドンドン強めていきます。そして、当初は密室で行っていた加害行為を、最終的には、公衆の面前で、残忍さを明示する形で行うようになっていきます。

被害者は、この過程で苦しみ、のたうちまわります。加害者は快感を味わい、暴力を加え続けます。しかし、どうもこの快感は加害者の判断能力を低下させてしまうようです。被害者が「逃げよう!自由になりたい!」と決意して、暴力から逃れるための準備を始めたことに、加害者は一向に気が付かないことが多いからです。

加害者による暴力(虐待)がエスカレートしていくと、やがて被害者は、自らが無力感の谷に突き落とされていたことに気付き、

「なんで自分ばかりがこんなにイヤな思いを強いられなければならないのか?」「なんでこんな理不尽な暴力に耐えなくてはいけないのか?」

という感情と共に、谷から這い上がろうともがき始めます。

やがて、動きを止めていた被害者の心に怒りが満ちていきます。そして、抵抗の意欲がみなぎる瞬間が訪れます。

私は、このような心の中の「転換」を過去に何度か体験しました。その度に、人生の舵を大きく切って、加害者による暴力から距離を置くことができました。

しかし、「もう大丈夫だ、もう自分は被害者にはならない!」と思っていても、いつのまにか、また新しい暴力の構造の中に自ら嵌まり込んでいることに気付くことがしょっちゅうです。

「あッ!またやっちゃった!」と気付いたら、心のUFOキャッチャーで自らをつまみ上げ、救い出します。そしてこう思うのです。「やれやれ!いつまで同じことを繰り返すのだろう!まあ、前回よりはダメージは小さくなっているから、ちょっとは成長したのかもしれないけれど。まだまだ、虐待される癖が、全然抜けていないんだなあ。」

すると、せっかく少しずつ育てて来た自信が、一瞬の内にしぼんでいくようで、とても落ち込んでしまいます。
もうずいぶん長い間、このような繰り返しの日々を過ごして来ました。

しかし!

『誰が星の王子さまを殺したのか ―モラル・ハラスメントの罠―』を読んだ私は、目の前が明るくなったように感じて、すっかり元気になりました。

私の場合、普通は虐待についての描写を読むと、PTSDになるためか、元気がなくなります。それなのに、この本を読んだら、なぜか元気になったのです。

「虐待について書いてある本なのに、なんで元気になったのだろう?」

不思議に思った私は、時間をおいてから、もう一度読んでみました。そしたら、すごく良くわかりました!

読んで明るい気持ちになったのは、この本が教えてくれたからだったのです!

世界は「虐待の連鎖によって埋め尽くされて」いること、そしてそれが「人類の危機の本質」であることを。

「どうりで私は、やっとひとつの虐待の構造から抜け出したと思っても、すぐ次の虐待の構造に陥ってしまうことを繰り返してきた訳だ」と納得しました。世界が「虐待の連鎖によって埋め尽くされて」いるのだから、私が次々と虐待の構造にぶち当たるのも当り前です。「私が間抜けなせいかしら?」と、うなだれ・やさぐれていたけれど、「そうじゃない、人類全体で取り組まないと解決できない巨大な課題だったんだ!だからこそ、逆に、ひとりひとりが身の回りの虐待の連鎖をひとつひとつ断ち切っていくことで、世界平和にも貢献できるようになるんだ!」と膝を打ちました。

そして、私自身の歩みは遅くても、少しずつ着実に「虐待の連鎖」から抜け出していけば、いつかは、虐待の連鎖の中で苦しんでいる人達の相談を受けられるくらいに自由になっていけるのではないだろうか・・・そんな風に感じられたので、元気になったのだ!と2度目に読んだときに納得したのです。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリと安冨歩の両氏は、「子どもの持つ真実を見抜く力」こそが、世界を埋め尽くしている虐待の連鎖を断ち切るのに必要であり、だからこそ、「子どもを守ることが、世界を救うことになるのだ」と、様々な方法で、体を張って伝えてくれています。

「子どもの魂を守ること」「大人の見方を子どもに押し付けるのではなく、子どもの目を大人が回復すること」が、「魂の生の回復」につながるのだと、この本は教えてくれています。

20年にわたる会社員生活ですっかり絶望していた私の魂が、この本を読んでいくうちに生き返っていくのを感じました。

折に触れて再読すると、その時々に自分が必要としている文章に出会える・・・この本は、そんな一冊になりそうです。


  1. 2014/09/30(火) 21:44:49|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最新記事

最新コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
120位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。