マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ご案内】カオスの発見者上田睆亮(うえだよしすけ)先生(京都大学名誉教授)が阪大にて講演!

カオスの発見者上田睆亮(うえだよしすけ)先生(京都大学名誉教授)阪大にて講演!

     * * * *

 7月25日(木)大阪大学会館1階の21世紀懐徳堂スタジオにて、決定論的カオスの発見者、上田睆亮(うえだよしすけ)先生(京都大学名誉教授)にお越しいただき、お話を伺うことになりました。
 上田先生は、1961年電気回路の電圧変動を観察中に、おかしな動きを発見し、これを徹底的に研究して「不規則遷移現象」と命名されました。これが世界で初めての決定論的カオスの発見にほかならなかったことが後に確認されています。
 また、その著書『カオス現象論』のタイトルにも示されているように、この挙動を「現象」として捉える視点は独自のものです。アナログ・コンピュータで十年に渡ってこの現象を見続けることによって養われた身体感覚を、自ら言語化するなかで生み出されたという意味で、根底的にオリジナルな概念です。
 決定論的カオスの発見は、二十世紀後半の科学における最大の事件の一つであり、この世界史的業績と呼ぶににふさわしい成果をあげられた上田先生のお人柄に触れ、「わからないもの」の動きに注目し、そこから「発見的に知識を得る」ことの意味を学びたいと思います。

【電気工学者上田 睆亮氏、カオス発見に至る道を語る
              ~不規則遷移現象とは~】
 

 日時:2013年7月25日(木)午後3時~6時
 場所:大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館1階
             21世紀懐徳堂スタジオ
 講演者:上田睆亮(よしすけ)京都大学名誉教授
 コメンテーター:安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)
 
 入場無料・終了後カフェ坂にて簡単なビアパーティを予定(会費2千円)
 参加希望者は fukao@econ.osaka-u.ac.jp に7月20日まで、、。

*本講演は大学院経済学研究科グローバル・マネジメントの授業「アジア環境・マネジメント」の前期授業最終階として開催されます。他学部の学生・院生や、一般の方の来聴を歓迎致します。
 主催:大阪大学経済学研究科深尾研究室
 協力:大阪大学21世紀懐徳堂

スポンサーサイト
  1. 2013/07/18(木) 00:37:27|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京湾の放射性物質による汚染状況について | ホーム | 【電気工学者上田 睆亮氏、カオス発見に至る道を語る ~不規則遷移現象とは~】のご案内 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/990-88b5c921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
70位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。