マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【よりたかつひこ 映画評】「延安の娘」「蟻の兵隊」「先祖になる」池谷薫監督

「延安の娘」「蟻の兵隊」「先祖になる」池谷薫監督

3つの映画を見た。特集上映で3つを続けて見ることができた。
この映画たちは、何を撮しているのか?

歴史では無く、出来事でも無く、物語でも無い。
では、人間を撮っているのか。
確かに人間は撮っている。しかし、人間を撮っているという事では表現しきれない何かが残る。
そしてその何かが、この3つの映画に流れる根本的に共通項であると感じる。

「魂」どうしてもこの言葉が浮かぶ。
「魂」を撮した映画なのではないか?

いや、もはや確信するしかない。この3つの映画は「魂」を撮した映画なんだ。

それぞれの映画にそれぞれの「魂」があらわれる。
それぞれの「魂は」それぞれに異なり、その現れとしての暮らしは全く異なっている、時代も、時間も、環境も全部違ってあらわれている。
でも、あきらかに揺るがない「魂」がそこにある。
その「魂」は、強く儚く美しい、その存在は人間の可能性で、人間の勇気だ。
世界が不条理で、まるで腐っていて、ほとんど終わっていると突き付けられても、お前のやっていることなんて意味が無いと、お前の存在など無意味だと、叩き付けられても、でもこの「魂」と出会う事ができれば、まだ大丈夫だ。僕たちはまだ生きる事ができる。

それが「魂」なんだ。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/28(金) 23:18:23|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 安冨 歩 『「学歴エリート」は暴走する : 「東大話法」が蝕む日本人の魂』 (講談社プラスアルファ新書) | ホーム | 『先祖になる』自主上映受付開始!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/985-b4e85f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。