マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

叢書 魂の脱植民地化:刊行のことば

「魂の脱植民地化」研究の成果を、青灯社さんが、蛮勇を奮って、刊行してくださることになった。社運をかけた大事業なので、

売れないと頓挫

しかねないので、何卒、ご支援のほどお願いしたい。この機会に

新聞をとるのをやめるか、
テレビを消してNHKの受信料を払うのをやめて、


この叢書を毎月購入していただけると、生きる上でお役に立つ、と信じている。

【刊行のことば: 安冨歩・深尾葉子】

何かを知りたいという、人間の本性の作動は、知ろうとする自分自身への問を必然的に含む。対象への真摯な探求を通じて、自らの真の姿が露呈し、それによって更なる探求が始まる。これが知ることの本質であり、これによって人は成長する。この身体によって実現される運動を我々は「魂」と呼ぶ。
 この作動の停止するとき、「知」は単なる情報の集積と抽出へと堕落する。記述された情報の明示的操作に、知識の客観性を求めようとする「客観主義」は、魂の弱さの表出に過ぎず、その惰弱が知を堕落させる。対象に関する情報のみを記述し、自らの存在を押し隠すことは、客観性を担保するものではなく、実のところ、自己を傍観者という安全地帯に置く卑怯に過ぎない。この堕落が「魂の植民地化」である。植民地化された魂は、自らであることに怯え、罪悪感にまみれて暴走する。
 「魂の脱植民地化」とは、この<知>の円環運動の回復にほかならない。それは、対象への問いを通じて自らを厳しく問う不断の過程であり、修養としての学問という、近代によって貶められた、人類社会の普遍的伝統の回復でもある。「魂の脱植民地化」研究は、この運動を通じて、魂の作動を阻害する暴力を解明し、その解除を実現する方途を明らかにしようとする学問である。
 そのために必要なことは、問う主体を含んで展開する、対象との応答全体の厳密な記述である。それこそが、読む者にとって有益な、真の意味での客観的記述ではあるまいか。
 『魂の脱植民地化叢書』はそのような客観的記述のために刊行される。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 21:52:30|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<叢書 魂の脱植民地化 ラインナップ | ホーム | 小出裕章さんの『生きるための論語』と『もう「東大話法」にはだまされない』へのコメント:小出ファン必読!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/949-7985e740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

12 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。