マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『「東大話法」は単なる“批判”のためのロジックなのか?』という記事の分析

「東大話法」は単なる“批判”のためのロジックなのか?

http://www.cyzo.com/2012/03/post_10208.html


という記事が出ていた。これが面白い研究材料だったので、分析してみた。

===================
『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』(明石書店)

 「東大話法」なる造語が注目を集めている。この言葉を発案したのは、東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授だ。安冨教授は今年初めに出版された『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』(明石書店)の中で、「東大話法」なる欺瞞的な物言いを20項目に分類、批判的に分析している。
 安冨教授がこの話法を発案したきっかけは、福島第一原子力発電所事故での学者や官僚たちの安全性を強調する発言だ。中でも安冨氏が「欺瞞的」と批判するのは、東京大学大学院の原子力工学の専門家・関村直人教授。関村教授は一号機が水素爆発を起こした時に「爆破弁を作動させた可能性もある」とコメントした人物だ。安冨教授はこうした発言を「安全と印象づける“欺瞞言語”」だと切って捨て、「東大で見聞きする独特の話しぶりとそっくり」だと指摘。さらに、東大出身者のみならず「正しくない言葉」を用いることが「東大話法」だとする(東京新聞2月25日朝刊)。
 この「東大話法」、いくつか抜粋してみよう。

・規則1  自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する
・規則5  どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す
・規則7  その場で自分が立派な人だと思われることを言う
・規則12  自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する
・規則15  わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する
=================

以上のまとめは、多少ズレているところもあるが、まぁ、それほどおかしなことは書かれていない。ここから、奇妙な話法が顔を出す。

=================
 たしかに、テレビでコメントする御用学者たちに共通している部分がありそうだ。しかし、「東大話法」というレッテルを発案している本人が東大の教授である。何か自分の所属する大学に恨みでもあるのか。あるいは「規則7 その場で自分が立派な人だと思われることを言う」を意図的に実践しているのか。
=================

これは、「新規則」の「読まずに批判」の典型である。私の本にはこう書いてある。

私には、私を雇用し、自由に研究させてくれているありがたい職場である東大を攻撃する意図はありません。・・・私が本書を書くことにしたのは、私たち自らが「東大話法」の最大の被害者であり、それゆえにこそ他者を加害している、という辛い事実と向きあうべきだと信ずるからです。・・・私は、東京大学を「東大話法」の呪縛から解法することが、東京大学で禄を食む者としての使命であり、それによって原発事故をはじめとする構造的困難に直面する日本社会に貢献する道にほかならない、と思うのです。(16〜17頁)

この引用から明らかなように、昼間たかし氏は、拙著を読んでいない。

========
発想の原点が「原発事故で安全性を強調する発言」だというが、情報がない中で話しているんだから当然といえば当然だし、逆に情報もないのに「もうダメです……」なんてコメントされたほうがパニックになりそうだ。
========

「発想の原点が「原発事故で安全性を強調する発言」だというが」と言っているが、これも私の言っていないことである。東京新聞の記事では「発想の原点」ではなく、「着想のきっかけ」だと書いてある。両者は意味が全く違っている。発想の原点がどこにあるかは、本を読めば明らかなのだが、新聞記事しか読んでいないので、こういう誤読をする。それに、私がいつ「もうダメです」などと言えと言ったのか。これは、この著者が、私を「反原発」と勝手に分類して、レッテル貼りをして、その言動を捏造しているから、こういうことになるのである。

規則8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。

である。

=======
 1999年に東海村JCO臨界事故があった際、反原発の集会で広瀬隆が「もう東京は終わりだと思った」と語り、コンピューター2000年問題による原発の危機をあおったが、これは「規則1 自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する」か、あるいは「規則5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す」なのか。
=======

拙著と何の関係もない話である。

=======
 ひとまず原発の是非は置いておいて、やはり気になるのは「東大話法」なる新たなレッテルの登場に、東大出身者はどういった感想を抱いているのかということ。 
=======

「東大話法」は「レッテル」ではない。

=======
「そんなことあるわけないでしょ。この著者は相当、嫌なヤツですね……」
 と率直に話してくれたのは、東大工学部出身の松本准平さん。東大に通いながら吉本総合芸能学院(NSC)東京校に通ったり、今年5月には全国公開予定の映画『まだ、人間』で商業監督デビューを果たすなど、型破りな人物。それだけに期待して「東大話法」の感想を求めたのだが、最初に飛び出したのがこの言葉である。
=======

明らかにこの松本准平という「相当、嫌なヤツ」もまた、拙著を読んでいない。読みもせずに「そんなことあるわけない」と断言するのはなぜかというと、この人物が、東大話法の話者だからだ。東大話法の話者は、全ての人間が、同じように話をしている、と信じているので、自分の話法が特殊で異常であることが、わからないのである。

=======
「“東大話法”とされるような言葉を使う人がさほど大勢いるとは思いません。とはいえ、“東大話法”のようなレッテルを貼っての批判も一定程度、評価できるところがあります。これも、不安を抱えて何かに依存するしかない現在の人間の姿だと思うからです。
=======

この文章は何を言っているか、サッパリわからない。何をしているのかというと、否定したり、評価したりして、

規則19 全体のバランスを常に考えて発言せよ。

をやっているのである。

========
僕は映画に携わっていますが、僕の劇場デビュー作『まだ、人間』では、今の僕と同世代の若者の“リアル”を捉えようとしました。あらゆる価値が混沌とした時代に、いつの間にかカネに依存したり、宗教に依存したり、恋愛関係に依存したりするのは弱い私たちの常だと思います。
========

というのは、

規則2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。

である。私の言っている話と何の関係もないことを、「東大話法」と関係付けて牽強付会している。そしてここで言っているのは、ただの自己宣伝に過ぎない。

========
東大話法なんて、僕だって誰だってどこかで使ったことがあるのではないでしょうか」
========

これは、

規則15 わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。

である。

=========
 「東大話法」をめぐっては、東京新聞は人気ページ「こちら特報部」で大きく紙面を割いて紹介。インターネット番組『マル激トーク・オン・ディマンド』で安冨教授がゲストに招かれた際には、首都大学東京の宮台真司教授が賛意を示すなど、本の発売以来2カ月余りのわずかな期間で、知識人を中心として、安冨教授への賛意は広がっている印象だ。
=========

この箇所はウィキペディアの「東大話法」の項目 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E8%A9%B1%E6%B3%95 からのパクリである。おそらく、トークの方は見ていないだろう。

=========
 しかし、相手を批判するための新たなロジックとして利用するだけでは、5年も経たずに忘れ去られてしまうかもしれない。
=========

なんのこっちゃ!!
意味が全くわからない。日本語になっていないのである。「相手を批判するための新たなロジックとして利用するだけでは、5年も経たずに忘れ去られてしまうかもしれない。」という文章の主語は「東大話法」だろうか、「安冨歩」だろうか。何かを「利用する」なら主語は人間だろう。しかし、私は自分で「東大話法」を提唱しているのだから、「利用」しているのではない。主語が「東大話法」なら、「利用する」のはおかしい。後半の、5年も経たずに忘れ去れるといっているのは、「東大話法」の方だろう。もし「安冨歩」だというのならお笑いである。私は、世間に覚えてもらっているかどうかなど、昼間氏と違って全く気にしていない。結局のところ昼間氏は、このような奇妙な文章を書くことで、「東大話法」と「安冨歩」との双方を侮辱したいのであろう。

=========
(取材・文=昼間たかし)
=========

そういうわけで、この人物が、拙著を読みもせずにいい加減な記事を書いたことは、以上で明らかである。この文章は、何らの根拠ものなく、悪印象をつくりだす悪質なものである。この手口は、池田信夫氏の拙著に関する一連の記事と構造的によく似ている。拙著を読まずに悪口を書くのも、日本語読解力の欠如も、池田氏とそっくりである。どうも私の「東大話法」研究を貶めようとする者は、「東大話法」を使ってしまい、私の議論の補強材料を提供するに終わるようである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%BC%E9%96%93%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%97 によると、昼間氏は、東大ではなく、立正大学のご出身だそうである。この大学の第16代学長は、私が昭和期の日本人として最も尊敬する石橋湛山である。昼間氏には、東大出身者に阿るような駄文を書くのではなく、石橋湛山のジャーナリズム精神を継ぐ、まっすぐな文章を書いて欲しいものである。

【追記】昼間氏のツイッターを見たら、「東京大学大学院情報学環教育部研究生」と書いてあった。これは、情報学環が新聞研時代からやっている、外部向け(内部も受けられるが)のジャーナリスト塾みたいなものである。つまり、東大話法を勉強しに行って、すっかり感染してしまったらしい。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/22(木) 21:57:28|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<小田嶋 隆「レッテルとしてのフクシマ」の分析 | ホーム | コンポジウムのご案内:「原発事故で何が吹き飛んだか? ~日本社会の隠蔽構造とその露呈~」>>

コメント

感想

某掲示板で安冨先生の事を知り、『東大話法』『生きる技法』を読ませていただきました。
このエントリーで批判されているパターンの「東大話法批判も東大話法だ!」のようなのは論外ですが、「東大話法研究」が一つの体系として成立した場合、どのような「盲点」が生じる可能性があるでしょうか(我々が注意すべき点)?

追伸
余計な話になってしまうのですが、去年大ヒットして、フランスでも賞を採ったアニメ『魔法女子まどか☆マギカ』に登場する「キュウベェ」というキャラクターがかなりの東大話法の使い手なので、お暇があれば観てみてください 笑(実際、マイケル・サンデルをモチーフにしたキャラクターらしいです)
  1. 2012/04/25(水) 18:42:54 |
  2. URL |
  3. Xanadu #-
  4. [ 編集 ]

脱魂ではなく、執着のお話なのでは?

生きる技法を拝読いたしました。愛についての章の3-6と3-7に私自身を重ねてしまいました。過去に貫けなかった後悔から、今思いを寄せている人とは貫き通したかったのです。でも、それは相手に負担を強いる行為ではないかと、単なる押し付けではないかと、最近とみに思うようになりました。知り合った当初は自身の気持ちが先行して、相手の当惑なにものぞで行け行けでした。そう、その人の第一印象は、深い空洞と残虐性、幼児性を持つ人に思えました。安冨先生から決め付けはハラスメントと言われるかも知れません。ですが、そう感じ、そこに惹かれてしまったのです。やはり、残虐でした。痛い目に幾度も遭いました。それでも離れられなかったのは、私にも空洞があったからでしょうか。或いは厳しい現実からの逃避とも。ですが、どこに行こうとそこにはまた、現実が待ち受けていることでしょう。現実逃避というより、やはりこの思いを通したい。側にいたい。その一心でここまできたのですが、そこではたと悩んでしまいました。相手には、重すぎる押し付けに過ぎないのではと。私の執着ではないのかと。
知れば知るほどに、優しさを感じ、温もりもその人に感じるようになりました。ただ全てに亙る監視の眼は苦痛でした。その束縛に恐怖を感じ、一方で側にいるような安心感も抱き、なんとも不思議な状況でした。その人にとって、私がどういう人間か知りたい欲求から生じた行為だったのかも知れません。長々と書いてしまいました。いまだ行く末を決められない優柔不断さ、これは、相手の存在を、温もりを直に感じていないからでしょうか。実感が湧かないのです。双方の思いにずれがありそう。しかし、何と言っても、自身の執着に問題がありそうで、安冨先生に言われるかも知れません、愛ではありませんと。それだと納得できます。潔く退きます。

ところで、これって、果たして脱魂なのでしょうか?  期待される文章に非ずして、単に思い人への執着をこの場を借りて書き記している気がしますが。嗟嘆、落胆させそうですね。
  1. 2012/05/01(火) 00:07:32 |
  2. URL |
  3. 長閑 優 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 脱魂ではなく、執着のお話なのでは?

個別のケースについての助言はできません。
ただ言えることは、あなたの文章は、完全に混乱していて、意味がわからない、ということです。意味がわからないのは、何かが隠蔽されているからです。この文章を、誰が読んでもわかるように書きなおしてみれば、自分で答がわかるはずです。
  1. 2012/05/01(火) 00:15:52 |
  2. URL |
  3. yasutomiayumu #-
  4. [ 編集 ]

諦めて我慢することはもうやめよう

私にひどいことをする人間を正しく憎悪することが、私が自分自身を認め、自分自身を愛することだとの思いに至りました。自分の現状を隠蔽していました。申し訳ありません。実は、家人はもう何年も仕事をせず、家にいてテレビ視聴の明け暮れです。彼との生活は諦めと我慢の日々で、理不尽な言動を受けてきました。安冨先生の書物に、怒りを遷さず~自分にひどいことをする人間に対し、正しく憎悪する、といった内容が記されていました。日々の生活に慣れるとは怖いもので、諦めて我慢しているのについつい相手を気づかい声をかけてしまいます。それを正しく憎悪します。まずは彼と向き合って戦うことにします。ずるずるとなし崩しの状態で諦めて我慢することはもうやめます。試行錯誤の毎日、家を出て柵を切り捨て自分を解放すること、離婚も考えています。今までの私は頭が固く、また自分の知らない世界へ飛び込むことに恐怖すら感じて逡巡していました。それを覚悟の上で、崖っぷちから飛び込む勇気をもち、先に進もうと思います。それには自己責任が伴うことは重々承知です。我慢はしません。我慢と辛抱は違うことを知りました。この違いは信念の有無、未来に希求するものの有無かと思われます。今後は辛抱しても我慢はしません。先日は話のすり替えをしてコメントをしました。現実逃避から、別の人に思いを抱いていました。相手の方には失礼なことをしました。不徳の致すところと恥じております。
  1. 2012/05/07(月) 14:14:14 |
  2. URL |
  3. 長閑 優 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 諦めて我慢することはもうやめよう

なるほど。「辛抱」と「我慢」とに関する考察は、見事です。その通りですね。「我慢」というのは仏教用語で「慢心」の意味なのに、なぜか自分を抑える、という意味に転じました。よく考えると、我慢というのは、まさしく「私なら大丈夫」という「慢心」に由来するのですね。「辛抱」は語源がよくわからない言葉ですが、相撲でよく使いますね。勝利のために全力で相手の攻撃を受け止めたり、あるいは、厳し鍛錬に耐えたりすることですから、これは生きるために不可欠です。

「我慢するな、辛抱せよ」

というキャッチフレーズを使わせていただこうと思います。
  1. 2012/05/07(月) 14:45:52 |
  2. URL |
  3. yasutomiayumu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/926-3c588570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
101位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。