マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島原発:10シーベルト毎時

とんでもない値が計測された。
外側でこれだから、中に核燃料が溶けて詰まっているということだろう。
こういう場所が実際には、多々あるに違いない。
予想されたおそろしい現実が徐々に見えてきた、という感じである。


=========
過去最高10シーベルトを計測 福島第一の配管外側

10シーベルトが検出された場所
 東京電力は1日、福島第一原子力発電所1号機と2号機の原子炉建屋の間にある主排気筒付近で、毎時10シーベルト(1万ミリシーベルト)以上の放射線を観測したと発表した。事故後に測定された放射線では過去最高値。放射線を出している物質は不明で、東電は今後調査する。発電所周辺のモニタリングポストの計測値に上昇は見られず、環境中への放射性物質の漏れは確認されていないという。

 東電によると、毎時10シーベルト以上が測定されたのは主排気筒の根元付近。原子炉格納容器の圧力を下げるためのベント(排気)の際に気体が通る「非常用ガス処理系」の配管が主排気筒につながるところで測定された。

 1日午後2時半ごろ、がれきの撤去により放射線量がどれくらい下がったかを調べるために、作業員3人がこの部分の配管の表面を外側から測定したところ、毎時10シーベルトを計測した。この器具が測れる上限の値で、実際にはさらに高い可能性もあるという。作業員の被曝(ひばく)は最高で4ミリシーベルトだった。10シーベルトは、一度に浴びると死に至る放射線量。

 これまでの最高値は1号機原子炉建屋内で6月に観測された毎時4シーベルトだった。東電は周囲を立ち入り禁止にして、作業員を近寄らせないようにした。

 配管は主排気筒につながり、外部とつながっている。東電によると、現在非常用ガス処理系の装置は停止しており、中は気体が流れる状態にはなっていないという。このため、外部へ放射性物質が流出する恐れはないという。観測された配管部分には煙突上部から雨水が入り込み、中にたまっている可能性があるという。

 地震発生直後の3月12、13日には1、2号機ではベントの作業が行われた。東電原子力・立地本部の松本純一本部長代理は「ベントをした際に放射線量の高い物質が配管に流れ込み、内部にたまっている可能性もある。今後原因を調べる」と話している。今後の復旧作業には影響はないとしている。(坪谷英紀)
スポンサーサイト
  1. 2011/08/01(月) 22:06:43|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発:文部省の土壌モニタリング | ホーム | 玄海原発のヤラセつづき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/701-77968b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

12 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
81位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。