マイケル・ジャクソンの思想

電気代の高くつく研究はやめよ

文京区だったか、文京区周辺だったか、東京全体だったか忘れたのだが、東京大学はそのなかで一番たくさんの電気を使っている事業体だという話である。誰が使っているかというと、おそらくはやはり理系の実験や病院だろう。

私は理系の研究も一時期やっていたので知っているのだが、理系の研究という奴は、国際学会の投稿期限中心で動いている。学会などの論文要旨投稿期限までに実験を済ませて結果を出し、論文の要旨を書いて投稿しないといけない。今年はどの国際学会に行くかを決めてそれ用の論文を何ヶ月も前に仕込んでいくのである。

しかし理系の実験というやつは手間が掛かる。時間が掛かる。カネがかかる。電気がかかる。しかも、やったからといって結果が出るとは限らない。なので、何通りもやらないといけない。学会の期限のことを考えると、並行していくつもの実験やシミュレーションをやって、馬車馬のように働くことになる。

しかしこういう生活をしているとやがて、「効率的」にやりたくなってくる。それはつまり、結果が出ているか出ていないかハッキリしない場合には、「出ている」ことにしたくなるのである。したくなるだけではなくて、多くの研究者が出たことにして報告している。皆やっているし、バレていないのかバレているけど黙認されているのかわからないけれど、そういういい加減な報告が論文として公表されて、それでうまく就職する人がたくさんいる。そういう前例を見ているから、最初は「ええっ!」と思った若い研究者も、罪悪感がどんどん薄れていって、そのうちフツーのことに思えてくる。

こういう、全く意味のないことのために、国民の税金が大量に使われていることを知るべきである。そして、彼らは、人件費ばかりではなく、膨大な電気も使っている。下の記事で、

===========
物理学者の有馬朗人・元文相は「研究はエネルギーを浪費しているように見えるが、何年か後に出てくる成果がある。それに投資しておかないと将来に響く。節電を求められることはやむを得ないが加速器研究など電気がなければ一歩も前に進まない分野には電力を融通する判断も必要では」という。
===========

と言っているが、私は、大半の研究はエネルギーを単に浪費している、と信じている。それは、結果として重要な成果が出なかったという意味ではない。そういうチャレンジは「浪費」ではない。最初から、本質的な結果なんか出るはずのない、けれど国際学会で審査を通過して発表するための「ソコソコの結果」を目指し、最後は辻褄を合わせてくるだけの研究が「浪費」だというのである。残念ながら、現代の研究の大半がこういう無駄な「研究」と称する作業で占められている。

こんな下らない作業を、「研究」だと自らに言い聞かせ、国民の税金を浪費して人生をすりつぶしてしまうのは、実に愚かなことである。馬車馬のように追いまくられている彼らは、急速に老けていって人相が悪くなる。若々しく生気とアイディアに満ちた魅力的な研究者が、あっという間に、老けて生気のなく人事か研究費の噂話しかしない最低の研究者へと変貌するのを私は何度も目撃した。

こういう愚かな過程を止めて、理系の研究者に自分の人生の真の意味に気づいていただき、創造的な研究に立ち戻ってもらうには、電気の使用を強制的にやめさせるのが良い。

理系の研究でも大切なことは世界観の転換なのである。そういう転換は、馬車馬のように論文を捏造している研究者には絶対にできない。静かに坐禅したり、古典に接し、仲間と熱く議論しなければ、絶対にできないのである。そういうことと並行してわずかの実験を、自らの世界観を転換させるために、集中的にやるべきである。

そのためには、節電が一番よい。そうすれば、画期的な研究がザクザク生まれてくることだろう。東北各地の大学では、地震の影響で、多くの大切な試料を失ったと聴く。それはきっと、とても良い効果を長期的には及ぼすことであろう。これらの大学の躍進に私は本気で期待している。


==================

東日本大震災:先端研究にも電力不足の影

「遺伝子改変豚の飼育、研究には、一定の環境に保たれた飼育施設が不可欠だ」と話す長嶋比呂志・明治大教授=永山悦子撮影
 東日本大震災による夏の電力不足への懸念が、先端研究に影を落としている。臓器や組織の作成を目指す再生医学や、大型加速器で宇宙誕生の謎に迫る素粒子物理学など、ノーベル賞級の成果が期待される分野の研究には電力が不可欠だ。7月1日には使用制限や節電要請が始まる。関係者には「先端研究への投資が無駄になる恐れがある」との不安が広がる。【永山悦子、安味伸一、野田武】

 ◇実験用豚…暑さは致命的
 茨城県内の農場の一角にある、実験動物専用の豚舎。約50頭の豚が飼育され、大人の豚の多くは妊娠中だ。生まれた豚には遺伝子組み換えなどが施され、難病治療や再生医療の実験に使われる。

 「この豚が産む子は膵臓(すいぞう)を持っていません。ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って将来、豚の体内でヒトの膵臓を作り出す研究に欠かせない」。長嶋比呂志・明治大教授(発生工学)が約3年半の研究の末、妊娠に成功した豚の出産は9月の予定だ。

 これらの豚は、厳重に管理された環境で飼育される。窓を閉めて室温を20度前後に保ち、飲み水も機械で自動的に補給する。東日本大震災で停電・断水に見舞われた際には、飼育室をガスヒーターで暖め、水は井戸からくみ上げて運んだ。

 豚は暑さに弱い。気温が30度を超えるとエサを食べなくなり、出産しにくくなったり授乳をやめる。飼育環境の変化は実験データの信頼性にもかかわる。

 長嶋教授は「生き物相手だけに節電は難しい。猛暑の日中に突然停電すれば、死ぬ恐れもある。この分野の研究には、国から多くの資金が投入されており、電力不足で実験が止まることは避けたい」と話す。電力不足に備えて発注した自家発電機が届くのは10月以降という。

 ◇加速器運転…縮小の危機
 東京電力管内では、政府が7月1日~9月22日の平日、大口需要者に最大消費電力を昨夏のピーク比で一律15%削減するよう求め、上限を超えた場合は罰金を科す。一般事業者や家庭にも節電を要請する。人命や流通に直結する事業者には制限緩和などの措置があるが、一般の研究機関は原則対象外。経済産業省関東経済産業局によると、個別の事情による制限緩和も「ハードルはかなり高い」という。

 茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、素粒子を光速近くまで加速して衝突させる加速器実験の世界的な拠点だ。ノーベル物理学賞受賞(08年)に貢献した円形加速器「Bファクトリー」(昨年夏から大規模改修中)や、探査機「はやぶさ」が持ち帰った小惑星イトカワの微粒子分析に使われた「フォトンファクトリー」などがあり、膨大な電力を使う。昨年度の使用電力は一般家庭約9万戸分、電気代は31億円に上った。

 震災後、東電と交わした11年度の契約電力は、前年度比約10%減の2万4360キロワット。さらに「15%削減」を受け、昨夏のピークより15%少ない「2万キロワット」を上限と定めた。

 節電には加速器実験を縮小するしかないが、KEKで働く国内外の研究者約3000人の業績に響く。このため、同様の加速器を持つ米国、フランス、中国などの17研究機関で実験が続けられるようにした。「大電力を使ってきた研究機関として、被災地を含めた全国的な抑制に協力しなければ」と神谷幸秀理事。電力使用が1・8万キロワットを超えそうになると「警報」を全館放送で流す。自身は夜も研究室の照明を消し、パソコン画面の明かりだけで作業している。

 加速器同様、大量の電気を使うスーパーコンピューターも、東日本の研究者が西日本にあるスパコンの利用権を取得する動きが出始めている。

 ◇一律節電に疑問の声も
 物理学者の有馬朗人・元文相は「研究はエネルギーを浪費しているように見えるが、何年か後に出てくる成果がある。それに投資しておかないと将来に響く。節電を求められることはやむを得ないが加速器研究など電気がなければ一歩も前に進まない分野には電力を融通する判断も必要では」という。

 先端研究に必要な電力に関するデータがないことから、東京財団の※島(ぬでしま、※は木へんに勝)次郎研究員(科学政策論)は、医学分野の研究機関がどれほどの電力を使っているか調査を始めた。「社会的な営みと比べ、先端研究にどれだけの電力が必要かデータで示し、どの程度の節電努力を研究者に求めるべきかを議論すべきだ。客観的な根拠なしに、一律に研究にも節電目標を課すのは不当。逆に『研究は大事』というだけで反対するのも説得力がない」と話す.

毎日新聞 2011年6月26日 21時42分(最終更新 6月26日 23時50分)
スポンサーサイト
  1. 2011/06/27(月) 20:52:17|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発:香山リカ氏のブログ(1) | ホーム | 福島原発:3号機の3月20日の恐るべき事故>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/654-d09ef567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する