マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島原発:トレンチの汚染水

1ベクレルというのは、放射線核種が毎秒1個崩壊する、という意味である。1立方センチ当たり、1166万ベクレルというのは、1グラムの水のなかで、毎秒1166万個の放射性物質が崩壊している、という意味である。以前、東京の水が乳幼児に相応しくないという勧告が出たが、あのときは、210ベクレルのヨウ素が1キログラムあたり100ベクレルの基準値を二倍超えた、というような値であった。1キログラム内に、毎秒100個、放射性のヨウ素が崩壊する、というような水準である。

これに対してトレンチ内の水は、1キログラムあたり、116億6千万個の放射性物質が崩壊して放射線を出している。「運転中の原子炉内並みの強さ」というから、これはもう、圧力容器も格納容器もダダ漏れ、ということではないかと思われる。

==========

福島第1原発:「トレンチ」から4万倍の汚染水 2号機

福島第1原発2号機の汚染水の様子
 東京電力は31日、福島第1原発2号機タービン建屋外の「トレンチ」と呼ばれる立て坑内の汚染水から、1立方センチ当たり1166万ベクレルの放射性物質が検出されたと発表した。運転中の原子炉内の水の約4万倍に当たる高濃度の汚染水が建屋外に漏れ出ていることになる。

 内訳は、ヨウ素131が690万ベクレル、セシウム134が200万ベクレルなど。同原発の南放水口(1~4号機用)近くでは海水から高濃度の放射性物質が検出されており、東電は「トレンチの汚染水との関連性は否定できない」としている。

 また東電は、1~6号機のタービン建屋脇の地下水(地下約15メートルから採取)の分析結果も初めて公表した。4号機は建屋周辺にがれきが多く調査できなかったが、最も高かったのは1号機で、ヨウ素131が1立方センチ当たり430ベクレルと、運転中の原子炉内並みの強さだった。それ以外の地下水からも、放射能はやや低いが核燃料由来とみられる放射性物質が見つかった。

 5、6号機は現在、核燃料が制御可能な「冷温停止状態」にある。地下水から検出されたことについて東電は、他号機の水素爆発などで放出された放射性物質が降下し、地下にしみ込んだとみている。【山田大輔、日野行介】
スポンサーサイト
  1. 2011/04/01(金) 09:19:35|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発:廃炉のコスト | ホーム | 福島原発:海水ポンプが復旧へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/366-63f23664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
70位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。