マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島第一原発:自衛隊員を被曝させた焼け石に水

===========================
毎日新聞 2011年3月17日 11時42分(最終更新 3月17日 13時10分)より抜粋

福島第1原発の使用済み核燃料プールの大きさは、縦横約10メートル、深さ約12メートルで、燃料棒(長さ約4メートル)を十分に冷やすため、通常1100~1200トンの水で満たされている。一方、自衛隊のヘリから放水された水は4回で最大計30トンで、すべてがプールに入ったわけではない。小林圭二・元京都大原子炉実験所講師(原子炉物理)は「プールの水量が減っている今、注水は必要な行為だ。だが、

今回の放水は『焼け石に水』程度の効果しかないだろう。

期待したいのは、外部電源の回復によって、プールへの給水ポンプが復旧すること。電源回復までのつなぎとしても十分とは言えず、『やむを得ず試しにやってみた』というレベルではないか」と話す。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110317k0000e040050000c.html

===========================

===========================

 「うまく行ってほしい。祈るような気持ちだ」――。陸上自衛隊ヘリが福島第一原発3号機などに向けて、17日午前に実施した4回の空中放水。テレビで見つめた陸自幹部の一人はうなるように言った。上空は毎時87.7ミリシーベルトという高濃度の放射線量の中での投下作業。最終的には、機長の判断で決行された。

http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170276.html

===========================

私も祈るような気持ちであったが、映像を見て悲しくなった。どう見ても、あれではほとんど効果がないだろう。量が少なすぎる。これだけの危険を彼らに背負わせて、こんなことしかできないとは、ほとんど竹槍状態である。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/17(木) 15:29:49|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発:日本原子力学会の「線形しきい値アリ仮説」 | ホーム | 福島第一原発:全体的な見通し。名を正すべし。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/257-79f1da41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。