マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福島第一原発:Google Maps 放射線測定ネットワーク

http://maps.google.co.jp/maps/ms?oe=utf-8&hl=ja&client=firefox-a&ie=UTF8&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0&msa=0&msid=216128354650842399419.00049e6a217dfc6e8b7e8&ll=35.891275,140.042725&spn=1.461845,1.661682&z=9&iwloc=00049e6a46197d9fedca4


上に、放射線測定値をアップしている箇所が提示されている。ちなみに、日本原子力発電の、

東海・東海第二発電所周辺の放射線監視状況
http://www.japc.co.jp/pis/tokai/monitoringr.htm

を見たら、以下のようになっていた。nGy /h は、http://www.jnfl.co.jp/monitoring/kaisetsu/spatial-nGyh.htmlによると、0.8 ナノシーベルトだそうである。ナノシーベルトは、マイクロシーベルトの線分の一。

● 発電所周辺での空間線量率は、おおよそ30~80nGy/hです。

ということなので、以下の値は、その十倍以上になっている。

2011年03月16日 11時50分
線量率
nGy/h 風向 風速
m/秒 降水量
mm 
モニタリングポスト(A) 463.1 - - -
モニタリングポスト(B) 803.1
モニタリングポスト(C) 800.1
モニタリングポスト(D) 1032.0

● モニタリングポストの一時的な指示値の上昇は、東海第二発電所からの放射性物質等の放出によるものではありません。
● 空間線量率のデータは、降雨等の影響によってその値が変動する場合があります。
● モニタリングポストでは気象観測を行っていないため、気象データは東海第二発電所の観測値を用いています。
● 測定装置や伝送装置の点検作業時やデータ通信エラー発生時は、データが表示されず、「-」表示となる場合があります。
● 発電所周辺での空間線量率は、おおよそ30~80nGy/hです。そのほとんどが大地や大気からの自然放射線によるもので、降雨等の影響により変動します。
● 雨量観測値は、1時間積算値を用いています。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/16(水) 12:00:50|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発:枝野官房長官の勘違いの訂正 | ホーム | 福島第一原発:事態の更なる悪化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anmintei.blog.fc2.com/tb.php/249-b97d2937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
85位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。