マイケル・ジャクソンの思想

STAP細胞とソーカル事件が示すこと。学問的真理は無意味と嘘の池に咲く蓮の華。

この問題についての連続ツイートをまとめておく。

==================

STAP細胞は、ソーカル事件以上にアカデミズムのあり方を浮き彫りにした。大半の研究は①良心的であれば無意味、②面白ければインチキ、のどちらか。 大昔の論文を見ればそうでしょ?にもかかわらず稀に③インチキでなくしかも意味のある研究がある。その奇跡に私は感動する。学問はそういうもの。

もちろんインチキでかつ無意味な研究も多い。学問的真理というのは無意味とインチキとにまみれた泥の池に咲く蓮の花のようなものなのだ。Nature とか Science というのは「タブロイド」だ、とアメリカのある学者が言っていた。泥の池は泥まみれ、タブロイドは嘘まみれ。何も驚かない。

問題は泥の池を「真水のプールなのでお金下さい」と国民に嘘をついていることだろう。「泥の池が大きくないと、蓮の花が咲かないのでお金下さい」と言うべきなのだ。泥の池で蓮の花を咲かせるのは真理を知りたいという情熱だけだが、情熱があると池から放り出されるので池が大きくないといけないのだ。

嘘と無意味にまみれた泥の池の、どこに蓮の花が咲くかは、事前には絶対にわからない。
だから、競争的資金やポスト争いはまずい。
嘘をうまくつく人のところに、すべての資源が集まるからだ。
そうなると泥の池の濁りはさらにひどくなって、蓮の花はどこにも咲かなくなってしまう。

無意味とインチキとにまみれながら、体裁だけキチンとしている論文が日々量産されるので、毎日、これを追いかけて読んでいると、頭がおかしくなってくる。
そうなると、「うまくインチキかまして体裁を整えるのが研究だ」という気がしてくる。実際、それで学会報告も論文も通過する。それが怖い。

昔、数理生態学のある分野の論文を書いて、関係論文をレビューしたら、大自由度力学系の知識が少しでもあれば当たり前のコンコンチキであることをめぐって、たくさんの論文が有名な雑誌に出ていたので驚いた。で我々の論文はリジェクトされた。あとで有名な先生が評価してくれて別の雑誌に出たのだが。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/27(木) 09:50:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「魂の脱植民地化とヨガ」 3/29 大阪天満橋

ヨガ・インストラクターの Uco 先生の主催しておられる大阪天満橋の教室で、以下のセミナーを開催します。
私たちが追求している「魂の脱植民地化」にとって、ヨガの技法と知識とは、極めて重要な手がかりを与えてくれるものと考えています。振るってご参加ください。

場所はこちらです

https://www.facebook.com/YogaLotusOsaka


=========== Uco 先生の記事を転載 ===============

急遽開催決定!

安富歩教授と深尾葉子准教授をお招きして、お二方が研究されている「魂と脱植民地化」と「ヨガ」の必然的な出会いなどについて語ります。

約一年前、クラスに参加していただくようになってから、
「魂と脱植民地化」という興味深い本を出版されているとのこと、早速手にとり、読み始めた時の衝撃を今でも忘れられません。
私がヨガを通して行ってきたことは、魂の脱植民地化だった…!
それからというもの、是非何か一緒にできたら…とこのイベントに至りました。

日時:今週土曜日15:30-17:00 (前半)17:30-19:00(後半ヨガ)
場所:ヨガロータス天満橋
料金:1,000円(前半のみ)通し(3,000円ヨガ付き)
※アムラティー付き

ご参加希望の方は以下より、備考欄に「魂の脱植民地化とヨガ参加希望」と
記載してくださいね!詳細を送ります。

http://yogalotus.namaste.jp/inquiry.html
  1. 2014/03/24(月) 00:06:14|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する