マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬力学会後援: 平成25年度 粟島しおかぜ留学生徒募集要項

粟島しおかぜ留学ついに募集を開始しました。
馬に頼った教育をその中心に据えています。
馬力学会が、総力を上げて支援しております。

子供が小中学校に行きたがらなない!

とお困りの方。
それはお子さんが悪いのではなくて、世の中が狂っているせいです。
すぐに子どもを安全な粟島に送り込みましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年度粟島しおかぜ留学生徒募集要項

対 象 小学校 1年生から中学校3年生まで
    平成25年度 定員 合計5名
期 間 平成25年4月から平成26年3月まで
※ 継続を歓迎します。
学 校 粟島小中学校
住 居 「しおかぜ寮」による寮生活
     〒958-0061 新潟県岩船郡粟島浦村157番地3
生 活 しおかぜ留学専従スタッフ2名による生活支援
    食事の提供、学習支援、メンタルケアー、など。
費 用 留学費用 月額 35,000円
    学校費用 月額 3,000円程度
    その他経費(衣類、医療費など)
募集期間 平成24年11月中旬から平成25年1月31日(書類必着)
受入の可否 受入の可否は教育委員会による面接によって決定し、その後、粟島教育委員会とのあいだで留学に関する契約書に署名捺印頂き、留学費用をお振り込み頂くと留学参加が確定いたします。
申し込み 留学申込書(別紙)に必要事項を記入の上、下記しおかぜ留学センターまでお送りください。
問い合わせ 留学に関する問い合わせ、質問、面接は随時受け付けておりますので、お気軽に下記しおかぜ留学センターまでご連絡ください。

粟島浦村教育委員会 しおかぜ留学センター
電話 0254-55-2248 FAX 0254-55-2248
メール infoアットマークawashima-shiokaze.org

人を育てる粟島へ

このたびは「粟島しおかぜ留学」に関心をお持ちいただき、誠にありがとうございます。
粟島では、「特色ある教育力」「島の自然力」「島暮らし力」の三つの力を利用した教育を提供し、子どもたちがのびのびと育ち、新しい社会を生み出す力を発揮することを期待しています。
ぜひ、この機会に、子どもたちの新しい可能性を共に見守る活動にご参加ください。
この制度は、粟島浦小中学校に入学または転校を希望する児童・生徒を「しおかぜ留学」という形で受け入れ、粟島での豊かで個性的な教育体験をもとに、島の子どもたちと「しおかぜ留学」の子どもたちが、共に、社会を産み出し社会に貢献する人となることを目的にしています。
粟島で実施する「しおかぜ留学」は、新しい教育への挑戦です。子どもたちが「島の自然」「島の暮らし」「馬に頼って実施する命の教育」などを経験することによって、自らが考えて自らの道を歩むことを目指します。そのことは、地域社会はもちろん、日本そして世界にとって意味ある思考と行動を産み出し、粟島が真に人を育てることのできる島になる事を目指します。
粟島浦村 村長 本保 建男

粟島浦小中学校 (特色ある教育力)
粟島浦村の学校は小中併設校で、2012年現在は、小学生4名、中学生7名が学んでいます。職員は小中合わせて15名です。学校では、この極少人数の利点を生かした特色ある教育を行っています。授業は、毎時間ほぼマンツーマンで、基礎から応用まで、一人一人の力に応じて勉強を進めることができます。授業以外でも、先生は常に温かく、ていねいに児童生徒と接し、人間的な触れ合いの中で、一人一人のよさや可能性を引き出しています。
 また、粟島では島民全員が顔見知りです。「子どもは島の宝」として、地域の中でのかかわりを通して、善悪の判断や思いやり、あいさつ、礼儀などを自然と身につけていきます。人や自然とかかわる体験的な学習、島のイベントや地域の伝統行事など、学校内外で地域性を生かした豊かな体験活動が充実しています。学校と家庭、地域が深く結び付き、子どもたちを健やかにはぐくんでいるのです。
 他にも、運動会や文化祭などの小中合同行事、本土の学校との交流学習、様々な専門家による特別授業などたくさんの特色があります。また、小中学校とも総合的な学習の時間で、馬の生態や「粟島馬」の歴史について調べる学習に取り組みました。課外活動として馬の飼育なども取り入れています。
 豊かな自然の中で、自分の力を伸ばし、安心して自分らしさを発揮することができる学校です。全校の児童生徒・職員で、心より留学を待っています。
粟島浦小中学校 校長 加納 博志

しおかぜ留学の「学習」
しおかぜ留学は粟島浦小中学校での学びだけではなく、日常の暮らしの中にある様々な「学び」と「習い」を基本においた暮らしを提供し、暮らしの中で子どもたちが育つという「命の本質」を大切にする活動です。その暮らしの中心となる「自然」「生活」「命の教育」の三つについてご紹介いたします。

島の自然(粟島の自然力)
・子どもと自然
しおかぜ留学では子どもたちと自然との関係を大切にしています。粟島には美しい海、美しい山、新鮮な空気、美味しい湧き水と自然の恵みで溢れています。子どもたちはこの自然の中でゆったりとした時間を過ごし、のびのびと生活することになります。
 粟島の四季は、劇的な変化を私たちの暮らしに与えます。その四季は、日本人が持つ自然への豊かな感性を育み、心を育てると共に、自然の厳しさや自然との正しい暮らし方を学ぶ良き教師として存在します。これらの環境を通じて、子どもたちは自然から「生きる力」を獲得して行きます。
・環境教育
 粟島の豊かな自然をより良く子どもたちに伝える為に、しおかぜ留学では、「環境教育」に力を入れています。自然を理解するための支援者としてのインタープリター(自然案内人)が提供する自然体験や粟島馬でのホーストレッキング、粟島に研究や現地調査で訪れている大学の方々からのレクチャーなどを通じて、子どもたちに環境教育を提供していきます。

しおかぜ留学の暮らし(島暮らし力)
・粟島の「食」
「しおかぜ留学」の日常におけるもっとも重要なことは「食」であると考えています。
 成長期の子どもたちが、安心で安全な食べ物をバランスよく食べることができる環境、食べ物に感謝してその命のありようを感じ取ることの出来る「食育」環境。毎日、そういった環境の中で食事を提供します。
 粟島には、八百屋さんも肉屋さんも、魚屋さんもありませんが、島で食べられる食事の9割は地産地消の食材によって構成されています。地元でとれた食材を、顔の見える関係から提供して頂き、その食材を丁寧に料理して子どもたちに提供します。
・子どもと「仕事」
 しおかぜ留学の暮らしの中で、大切にするもう一つのことは島での仕事です。子どもたちにはいつでも仕事があり、手伝いができ、達成感のある様々な仕事体験があります。
 粟島の基幹産業である漁業のお手伝い、自給自足に近い暮らしを支えている農作業のお手伝いなど、島の暮らしを支える仕事に積極的にかかわります。
 また、島の暮らしには、季節に合わせた様々な行事があります。行事は伝統的な仕組みを今でも維持する貴重な文化遺産であり、そういったことに、子どもたちが日常的にかかわることができるのも「しおかぜ留学」の特徴です。春の島開き、夏の盆踊り、秋の神社のお祭り、小正月などなど様々な文化行事があり、これらの行事に参加できる環境があります。

・命の教育と「しおかぜ留学」
 しおかぜ留学では「命の教育」を提供します。「命の教育」は、今までご紹介した「特色ある教育力」「島の自然力」「島暮らし力」の三つの力と連携して産まれる教育です。
 この連携を保障する為に、村民が一丸となって子どもたちを支援する組織「育つ会」を運営し子どもたちを支えます。
 また、「しおかぜ留学センター」は具体的な日々の活動と暮らしをサポートします。
 粟島の大人たちは、子どもたちにいつでも無償の愛を注いでくれる存在です。声をかけ、辛いことはないか? 寂しくないか? など、子どもたちを暖かく見守ってくれます。
 粟島で子どもたちが「育つ」環境は「命の教育」と直結します。粟島には、「命の教育」を提供できる環境が整っています。
 この環境からさらに「命の教育」を一歩進めた活動が「牧場の暮らし」活動です。この活動は粟島最大の特徴であり「命の教育」を根本的に支える重要な活動です。

・牧場の暮らし
粟島には、「ホースパーク」と呼ばれる「命の教育」の拠点施設があります。この施設を利用した様々な活動が毎日の日課として実施されます。
 馬の手入れやお世話などの活動を通じて、豊かな感情を育て、乗馬練習によってバランスの良い身体の発達を促し、しおかぜ留学を経験したすべての子どもたちは、野山を馬に乗って走り回れるようになります。
 また、馬との関係構築によってコミュニケーション能力を獲得し、獲得したコミュニケーション能力によって、様々な関係性が深まり、問題解決能力も向上します。
 もちろんホースパークで暮らすのは馬だけではなく、様々な生き物が暮らし、多様な命の存在を保障しています。

-------------------------------------------------------
馬に頼って、馬力学会・・・・・・・
www.baryoku.com
馬力学会Face Book
www.facebook.com/BARYOKU
-------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2012/11/24(土) 10:12:23|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『マイケル・ジャクソンの思想』湯川れい子×安冨歩トーク・イベント 12月12日

ぬわんと、音楽評論の大御所、湯川れい子さんと、MJについて対談することになった!
ERIS の記事を読んでおもしろがってくださった。

マイケル・ジャクソン革命の烽火をあげる時が来たようだ。

プレスリリースはこちら → http://www.atpress.ne.jp/view/31671

【マイケル・ジャクソンを語るトーク・イベント開催】
 『マイケル・ジャクソンの思想』湯川れい子×安冨歩トーク・イベントが急遽決定。
 「ERIS」執筆者で『原発危機と「東大話法」』がベストセラーになった東京大学教授の安冨歩さんが、マイケルを語らせたらこの人、音楽評論家で作詞家の湯川れい子さんをゲストに迎えマイケルを語りつくします。マイケル・ファン必聴の対談。

日時   :12月12日(水) 19:00~20:00
場所   :代官山蔦屋書店3号館2階音楽フロア
      ( http://tsite.jp/daikanyama/event/ )
参加方法 :代官山蔦屋書店3号館2階音楽フロア
      レジカウンターにて整理券配布
お問い合せ:03-3770-2525


【雑誌概要】
タイトル  :ERIS/エリス( http://eris.jp )
創刊号発行日:2012年10月3日(季刊で年4回発行予定)
発行場所  :web サービス「BCCKS」( http://bccks.jp/ )で公開
編集人   :高橋健太郎
コンセプト :音楽は一生かけて楽しもう
購読方法  :購読料はフリー(無料)でホームページよりメール・アドレスで簡単申込み
  1. 2012/11/22(木) 13:48:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売新聞の新書の紹介『もう「東大話法」にはだまされない』

名称未設定

読売新聞が新書欄で紹介してくれた。
「説得力がある」と言ってくれている。
これを書いてくださった方には、ぜひ、読売新聞内で、実践して欲しい、と痛切に思う。


もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く (講談社プラスアルファ新書)もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く (講談社プラスアルファ新書)
(2012/09/21)
安冨 歩

商品詳細を見る
  1. 2012/11/12(月) 15:15:18|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

11月11日福井県・三国のイベント

sub-banner.jpg

福井県の三国に行くことになっている。
これはすごいイベント。詳細は↓

http://walkinpeace.kenja.com/

原発植民地の福井で、こんな連中集めてコンサートして、しかもそれに文化事業として助成がついた、
というのは、

完全に奇跡

である。これが成功すれば、福井の流れが変わる。

しか〜し。

切符が十分に売れていない。このままでは大赤字になる。
命がけで企画している主催者さんが深刻な経済的ダメージを受ける。

セイコガニ解禁

ということもあるので、この際、

三国に旅行して、カニ食って、ついでに革命に参加

して欲しい。あるいは、切符だけ買って、IWJの中継を見てくれてもいい。切符だけ買った人は、それを私へのヨシヨシ請求券としてご利用いただこうと思う。

たのむ!

切符もこちらから買える。 http://walkinpeace.kenja.com/


==================

宮腰理バンド
http://oh-sam-cooke.jugem.jp
2000年~2005年"CooDoo's"でVo, Gt, Harpとして全国で活動。2011年5月,Dr.増田ガッツ修,Ba.ハル.,Harp.千賀太郎と"宮腰理 with Indian Summer
Propaganda" としてアルバム「First Step」発売。2011年三国花火大会サンセットライブで演奏し話題とな る。ライブ以外に明治乳業「グルト」の作曲と演奏,チキンラーメン「すぐおいしい,すごくおいし い」のナレーションやHONDAのCM歌唱でも活躍。ロックなブリリアントボイスが魅力。Dr.増田 ガッツ修,Wood ba.イトウダイ

FRYING DUTCHMAN
http://fryingdutchman.jp
結成10年目を迎えたフライングダッチマン。京都を中心にイスラエル,フランス,ドイツ,オラン ダ,インドなど世界的視野で活動を展開。
60年代70年代のロックを基調にさまざまな分野を取り込んだオリジナル曲を持ち,国内最大のフ ジロックフェスティバルに出演するなど今夏の野外フェスで大活躍。2011年に発表した「human ERROR」が動画投稿サイトで100万回以上再生され海外からも注目される。 2012年9月19日,待望のニューアルバム「ちんぷんかんぷん」をリリース。発売前に注文が殺到し話 題となる。今回,福井初,北陸初のライブに注目が集まる。

Sing J Roy with Danne the Riddim Band
http://singjroy.com
90年代より地元福井を拠点にRoots Reggae Band “ZION HIGH PLAYAZ” のコーラスとして音楽活動を開始、
以後ソロへと転身。2005年に尊敬するレゲエアーティスト “ PAPA-B “ が東芝EMIよりリ
リースしたミニ・アルバムに収録のFORM A LINE」という曲に参加、翌06年にはビクターエンタテインメントからのコンピレーションアルバム「PLATINUM COMPILATION VOL.1」に「NO MORE WAR」という曲が収録。この曲をきっかけに全国のレゲエファンに注目される。アルバム「GOOD TIME」, Read more

よしこの芽&安冨歩 よしこの芽http://sound.jp/shura/home.html
福井生まれの福井育ち,更に東京と福井でライブ活動を展開し,すくすくと成長。
アコースティックギター弾き語り・空間系シンガーソングライター・座敷わらし。
3.11以前から, "一般的ではない正解" を感じて歌い始める。3.11以後,急に自分の感性が社会に受け入れられることが増え,戸惑っている。今もまだ見つかっていないもの,言葉では表
せないものを鋭敏に感じて歌い,発信し続ける.現代社会の炭鉱のカナリア。

安冨歩
大阪出身。東京大学教授という身分を活用して,エリートの欺瞞言語を研究し『原発危機と「東大話 法」』というリスキーな本を明石書店より2012年にリリース。この種の本にしては驚異的な2万部を売 り
上げる。研究領域は多彩で,最近はマイケル・ジャクソンの思想を探求 している。この一年で『原発危機…』のほかに,『今を生きる親鸞』(共著、樹心社),『生きるた めの論語』(ちくま新書),『生きる技法』(青灯社),『幻影からの脱出』(明石書店),『もう「東大 話法」にはだまされない』(講談社+α新書) をたて続けにリリース。近年は音楽・芸術・学問を統合した「コンポジウム(concert + symposium)」を提唱し,2012年4月22日に福井で開催した。

岩上安身プロフィール

岩上安身プロフィール いわかみ・やすみ * ジャーナリスト
1959年生まれ、東京都豊島区出身。
早稲田実業学校高等部普通科卒業。早稲田大学社会科学部卒業。

卒業後、出版社( 情報センター出版局 )に入社、編集者となる。退職後、週刊誌記者を経て、1987年フリージャーナリストとなる。
1989年から94年まで6年間かけて、旧ソ連・東欧圏を取材し続け、1996年にソ連の崩壊とロシアの民主化の実相を描いた『 あらかじめ裏切られた革命 』( 講談社 )を出版。同年、第18回講談社ノンフィクション賞を受賞する。

2000年10月からフジテレビ系『とくダネ!』のレギュラーコメンテーター( 〜 2011年6月まで )。
2006年4月から関西テレビ『 スーパーニュースANCHOR 』の金曜日レギュラーコメンテーター( 〜 2007年9月まで )。
TBSラジオ『アクセス』(終了)、ニッポン放送『ごごばん!』、文化放送『夕やけ寺ちゃん、活動中』など、ラジオでも、ニュース解説のコメンテーターをつとめる。

取材・執筆してきたフィールドは、政治、国際関係、経済、事件、医療・社会保障問題、思想・宗教問題、家族問題、文化、スポーツなど多岐にわたる。

90年代後半からは、人口問題、少子高齢化問題と経済・社会とのかかわりについて、長期的な取材、執筆、発言を続けており、近年は、政権交代とともに、日本の政治中枢への取材を精力的に行う。

2009年8月にウェブサイト「Web Iwakami」を大幅にリニューアル、同年11月30日からはビデオ取材も始め、ネットメディアによる新しいジャーナリズムのありかたを模索する。
2009年12月末にTwitterをスタート。Twitterでは @iwakamiyasumi で現在も日々発信中。
2010年3月20日にはUstreamによるインタビューのライブストリーミング配信を開始。
2010年12月に株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(略称:IWJ)を設立。
2011年3月11日の震災・原発事故の直後から、IWJとして、24時間体制で記者会見配信を続ける。
2011年4月24日には岩上安身/IWJのUstreamチャンネル数が9となり、さらに同年6月11日の脱原発アクション完全中継プロジェクトを機に、日本全国47都道府県を網羅した全93チャンネルを整備し、前人未到の配信体制を作り上げる。
2011年6月にFacebookをスタート。
兼業ジャーナリストのすすめ、中継市民によるストリーミングネットワークを提唱。新しい情報発信の可能性を切り拓いている。
  1. 2012/11/08(木) 11:12:26|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。