マイケル・ジャクソンの思想

【必読】天下分け目の関ヶ原・第二陣・亀岡編にて、平智之衆議院議員(民主党)の発言

平さんとははじめてお目にかかった。こんなに重要なご発言が得られるとは思っておらなかった。46分から始まります。


Video streaming by Ustream
=============【必ず読め】===================

今日はこの場所にお招きをいただきありがとうございました。衆議院議員の平智之です。
 選挙区は京都一区でお隣なんですけれども、京都の鴨川沿いのちょっと西側のところ、まっすぐ北区上京区中京区下京区南区と、京都の方はご存知でしょうが、縦にズドーンと上から下まで。
 私自身も、そこで生まれ育って、京都人として生きてきて、もちろん京都ですから、自然に囲まれて生きてきたわけです。ところが、3・11のあの事故で、まったく自然には存在しない放射能というもので私たちの土地が、ものすごく汚されて、人々の生活も、完全にもう人間らしい生活ができない。自然を奪われて、実は多くの方々が京都にも避難してきておられるんです。
 そのうち私も京都の国会議員として見ていて、なんとかせねばならないという思いで、結論から言うと私は、人類は放射能とは縁を切るんだ、と。これは文明の転換に等しいので、産業とか経済とか言う議論ではなくて、私達が放射能と縁を切る時、どういう自然観と、どういう文明論を私達が持つか、という、それくらい大きな議論を今始めているんだという覚悟で、国会の場で議論し、発言させていただいています。
 実は私は、温度の高い時の金属材料の勉強を三十歳までしていた人間なので、この感覚をいつも持っています。核燃料は放っておいたら二千七百度まで熱くなります。崩壊熱、と最近聞いてはると思いますが。で、二千七百度まで放っておいたら熱くなるものを、千度で溶ける鉄の鍋釜で包んでいるんです。これは、なんぼやっても、技術的に絶対完全しませんから。
 ところが、原子力村と言われる人たち、核物理の先生やエンジニアの先生、そして、原子力保安院、エネルギー庁、そして原子力に連なるさまざまの諸団体・企業が、それは出来るんだ、安全なんだと言い続けて五十年経ったんです。できるわけのないものを出来ると言い続けて、自然ではないものを私たちの生活に放り込んできた、ということが、この五十年の私たちの経済成長だったんです。
 ですから、繰り返しますけれども、かりそめの経済成長です、これは。もう一度、私達が本当の豊かさを取り戻すためには、なんとしても私達日本の社会が、放射能と縁を切るという不退転の決意を、示さなければなりません。
 これを最後の話にしますが、ドイツのメルケル首相は、物理学者です、元は。その物理学者が、ドイツの国内のいろんな世論を受けて、2022年に放射能・原子力から脱却する、と言いました。あと十年です。しかし十年間、炉は動くわけです。私はそのメルケルさんの決断に、大いなる賞賛と敬意を表するんですが、十年間、原子炉が動いている間に、どのような政局や政変や経済の変更があるかわからない。
 私は実は放射能というものは、お金と同じくらいに、人類にとって麻薬に近い、駄目だとわかっても、私達がそれに手を染めてしまう、非常に怖い性格があると考えていますから。
 私は、反原発でも卒原発でもなく、禁原発の人間なのです。放射能と縁を切るというのは、直ちにここでシャットダウン。大飯原発3、4号機だけじゃなくて、日本中にある54機すべてを、1機たりとも再稼働してはならない。私達はここで放射能と縁を切ると決めて、あとはプールにある使用済燃料の最終処分のために、膨大なお金がかかりますが、今直ちにこの段階に入っていくんです。
 そしてよく言われるとおり、じゃあ放射能なかったら電気をどうするんだ。その新しい電気を生み出すことと、私たちの節電省エネの努力で、今からはじめるということです。これを国会議員が言うと非現実的で、あなた経済のことを無視しているんじゃないか、と言われるのですが、私は経済産業委員なのです。
 原発を今止めて、1機も再稼働させないで、私達が電気需給を満たしながら生活するというのが、成長戦略なんですよ。ものすごく多くの工夫が出てきます。蓄電も技術が進むでしょう。電気需給のスマートグリッドも大きく進むでしょう。大きな地域経済の内需拡大がこれから始まりますから、引き続きそのことを私は国会の内部で、主張させていただきますので、総理は昨日、ああおっしゃいましたけれども、引き続き再稼働は絶対阻止のつもりで、117人の与党の国会議員が動くとお考え頂きまして、私の言葉とさせていただきます。
 ありがとうございました。

====================

コンポジウムの他の部分は以下。



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream
スポンサーサイト
  1. 2012/06/10(日) 01:00:18|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【亀岡 6・9】<天下分け目の関ヶ原、魂のコンポジウム・第二陣>

生きる世界をつくる・里山を遊ぼう

『原発危機と「東大話法」』の著書安冨歩教授(東京大学・東洋文化研究所)企画で、京都府亀岡にある里山、亀岡トライアルランドの野外を使って「生きる世界をつくる・里山を遊ぼう」が開催されます。コンポジウムは、「言葉をかわし考える力」と「音楽や芸術を感じる心」との融合がコンセプト。タイムスケジュールを一切決めず、流れにまかせてつくっていくという独特な手法を用います。


東大(3・28)→福井(4・22)に続く第三弾!(続いて →金沢(7・11)が決定しています)
【東大 3・28】<「魂の脱植民地化」を考えるコンポジジウム>「原発事故で何が吹き飛んだか? ~日本社会の隠蔽構造とその露呈~」
【福井 4・22】<戦後史上最大、天下分け目の関ヶ原は福井にあり!魂のコンポジウム初陣>自分自身を取り戻す道を求めて~「脱原発先進社会」福井の未来を構想する~
【亀岡 6・9】<天下分け目の関ヶ原、魂のコンポジウム・第二陣>生きる世界をつくる・里山を遊ぼう

■主催 三嶋鋳二(京都府亀岡在住 CLUB BIKETRIAL代表)
■プロデュース 安冨歩(放射能芸術集団ハイレッド・セキュリティー・雑用担当;東京大学・東洋文化研究所・教授)

日時:6月9日(土) 12:30開場・13:00開始・17:00終了
場所:京都府亀岡トライアルランド

http://blog.club-biketrial.jp/?page_id=2520


■司会 深尾葉子(大阪大学・経済学研究科・准教授)

■出演者
赤城修司(放射能芸術集団ハイレッド・セキュリティー・芸術担当:福島市・高校美術教員)「福島の普通~放射能汚染を生きる社会と人々~」
三次召尚(会社経営・ナチュラリスト・渓流のイワナ釣り名人)「渓流から見た近畿の里山の豊かさ」
森至布(もり よしのぶ)(亀岡トライアルランド オーナー)「手作りで私設の遊び場を生み育てる~聖地亀岡トライアルランドの経験・40年」

よしこ(福井県出身、東大文学部卒)「原発銀座を抱える福井に生まれて~心の痛みを歌う~」
千葉泉(大阪大学・人間科学研究科・教授)「魂を脱植民地化する南米の歌」


【里山自転車体験】
三嶋鋳二(京都府亀岡在住 CLUB BIKETRIAL代表)
平野 博(三重県出身 MONTY JAPAN代表)

■テーマ
福島原発危機で露呈したこと・「共同体/市場」呪縛からの離脱・原子力から馬力へ・里山という未来・『論語』という変革の思想・自分自身であるということ、など

■参加費 1000円(コーヒー、お茶、ケーキ付)

■申込は下記のHPからお願いします。
http://blog.club-biketrial.jp/?page_id=2808

■問い合わせ先
CLUB BIKETRIAL 三嶋 0771-26-2846
event@club-biketrial.jp

実施詳細や会場の写真などは、以下を御覧ください。
http://blog.club-biketrial.jp/?page_id=2898
  1. 2012/06/01(金) 03:33:28|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
77位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する