FC2ブログ

マイケル・ジャクソンの思想

福島原発:東京大学 物性研究所 押川正毅教授の見解

https://docs.google.com/document/d/15hakSPvyu5wNzyZqyctFUP5syEdUwav4gNOqG8ookic/edit?hl=ja&pli=1#

この文書は大変役に立つ。
スポンサーサイト



  1. 2011/05/02(月) 23:52:40|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島原発:小佐古教授の二枚舌

http://www.tweetdeck.com/twitter/memeomimi/~PiLQq

ここに示されているように、日本は異常に基準が甘い。
それをさらに甘くしろという小佐古教授の提言は無茶苦茶である。

それより無茶苦茶なのは、同時に、福島の子供の20ミリシーベルト基準に涙を流して見せるその二枚舌ぶりである。

彼の二枚舌ぶりは、東大の真骨頂を示している。


============
官房長官:「小佐古教授、水規制値は引き上げ提言」と暴露

 枝野幸男官房長官は1日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故の政府対応を批判して内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさこ・としそう)東京大教授が3月、1キログラム当たり放射性ヨウ素300ベクレルとされていた飲料水や牛乳の暫定規制値を、10倍の3000ベクレルに引き上げることを提言していたことを明らかにした。

 枝野氏によると、小佐古氏は3月28日、3000ベクレルへの引き上げを求める提言書を、菅直人首相と内閣府の食品安全委員長あてに提出した。しかし、厚生労働省は食品安全委員会と原子力安全委員会の見解に従い、300ベクレルの暫定規制値を維持した。枝野氏は「専門家の意見もいろいろあるなかで、安全性を優先しながらそれぞれ判断している」と強調した。

 小佐古氏は辞任の際、小中学校の屋外活動を制限する放射線量の基準を年間1ミリシーベルトに下げるよう主張、20ミリシーベルトとした政府の判断を批判している。枝野氏の「暴露」には、小佐古氏の主張が一貫していないと印象づける狙いもあるようだ。【影山哲也】

毎日新聞 2011年5月1日 21時15分(最終更新 5月1日 21時20分)
  1. 2011/05/02(月) 18:20:54|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

福島原発:冷却システム再生の断念

だいぶ前に、電源が復旧して冷却系が回復すれば、人間側がコントロールを取り戻すのだが、ということを書いた。もちろんそれは、非常に難しいことであり、最初から可能性は低かった。

その可能性が遂に消滅した。

ということは、おそらく、原発の抑制はほぼ不可能になった、ということである。空気を流して100度以下に持ち込むなど、夢物語に近く、気休めのようなものであろう。

============
原発、海水利用の冷却断念…外付け空冷装置に
読売新聞 5月2日(月)3時8分配信

 東京電力は、福島第一原子力発電所1~4号機の危機を収束させる手段について、本来の冷却システムである海水を使った熱交換器の復旧を、事実上断念した。

 熱交換器が動けば原子炉などの温度を劇的に下げることができたが、ポンプ類が集中するタービン建屋に大量の汚染水がたまり、既存のポンプを使う熱交換器の復旧には相当の時間がかかると判断した。

 今後は、補助的な位置づけだった空冷式の「外付け冷却」によって、100度未満の安定した状態(冷温停止)へ徐々に持ち込むことを目指す。

 熱交換器は、海水が流れる装置の中に、原子炉などの冷却水が流れる配管を浸し、低温の海水で高温の冷却水を冷やす仕組み。冷却効率が高く、5、6号機では3月19日に熱交換器が復旧すると、原子炉内の温度が1日で約200度から約30度まで下がった。

 東電は1~4号機でも熱交換器の復旧を急いだが、タービン建屋の地下などには、原子炉から漏れ出したとみられる汚染水がたまり続けて排水が追いつかず、ポンプ類を復旧させるめどが立たない。また、余震による津波対策として作業用トンネル(トレンチ)をコンクリートで塞ぐことになり、トレンチ内の配管を通して海水を熱交換器へ引き込むのが難しくなった。
最終更新:5月2日(月)3時8分
  1. 2011/05/02(月) 08:12:06|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する