マイケル・ジャクソンの思想

ソニーへの提言

かつてソニーは莫大な資金を投じて、CBSとコロムビア映画を買った。ソニーはこの買収によってハードとソフトとの両方を持つ企業となった。ところがこの買収は異常に金が掛かっていて、経済合理性を欠いていた可能性が高い。おそらくは、盛田昭夫氏の道楽という側面が強かったのではないかと私は疑っている。

結局のところソニーは、この買物を意味のある形で利用することができなかった。ハードとソフトとの両方を握りながら、ソニーは時代の最先端から外れていって、ただの家電メーカーと映画・音楽会社との寄せ集めの域を脱することができなかった。

それどころかソニーのWalkman が iPod に遅れをとった最大の理由は、ソフト会社を兼ねているために、著作権などの処理に慎重でありすぎたのが原因だと言われている。つまりは、お荷物・足かせになったのである。

そういうわけでソニーは、今日に至るまで、自らの保有するソフト的資産を使いこなせないでいるように私には見える。マイケル・ジャクソンの死によって、「特需」を得られたかもしれないが、それではソフト資産のもてあまし状態を離脱することはできないだろう。

もしわたしがソニーの社長だったらどうするか、という観点でいくつかの提言をしたい。

(1)ステイプル・シアターを買い取る。
(2)マイケルの完璧な伝記を作成するための事業を立ち上げる。
(3)マイケルのすべての音源・画像・映像を収集し、すべてを利用しうるように著作権交渉を行う。
(4)これらの資料を総合的に投入して、ステイプル・シアターをNPO法人マイケル・ジャクソン博物館にする。博物館は会員制にする。
(5)博物館に「マイケル・ジャクソン研究所」を付設し、資料収集と総合的研究とを行う。
(6)この研究に基づいて、Complete Michael Jackson を会員に限定で発売する。(音源編、画像・映像編、資料編)
(7)すべての資料を閲覧できるHPを立ち上げ、研究成果を発表しつづける。(完全な閲覧は会員限定)
(8)マイケルの誕生日や命日に毎年、博物館でイベントをする。(参加は会員限定)
(9)イベントでは、This Is It の面々を雇って、映画の前で演奏し、踊ってもらう。(もちろん会員限定)
(10)世界の学校の音楽の時間を支援する慈善活動を展開し、それを通じてマイケル・ジャクソンの音楽が取り入れられるように働きかける。

こういうことをやれば、マイケル・ファンはよろこんで博物館の会員になって、年間1万円くらいの会費を払うのではないだろうか。少なく見積もって、100万人の会員をえられれば、会費収入は年間100億円だ。それに様々のマイケル・ビジネスを展開できるから、大きな収入を得られるだろう。たとえば、PlayStaion にこの成果を堪能できるソフトを投入すれば、世界中のマイケルファンはプレステを愛するようになる。This Is It のブルーレイだけで、どれだけプレステが売れたか、よく考えたほうが良い。

マイケル・ファンの気持ちを汲み取り、その気持に応えるサービスをすることが、どれほどの巨大なビジネスを生み出すか、なぜわかろうとしないのだろう。キリスト教会が、イエスというスーパー・エンターティナーをめぐって、どれほどの期間にわたり、どれほどのビジネスを展開してきたか、考えてみてほしい。ソニーはローマ・カトリック教会の役割を担うという、千載一遇のチャンスを目の前にしているのだ。しかも、このビジネスは、何世紀にもわたって、人類が存続する限り続く。


追記:当初、私は以下のように書いていたが、これは完全な勘違いであった。買ったのは大賀氏ではなく、盛田昭夫氏であった。碌に調べもしないで、こういう間違いを書いてしまって、申し訳ない。

========
かつてソニーは莫大な資金を投じて、CBSとコロムビア映画を買った。これは大賀典雄が音学家であったことのひとつの帰結である。ソニーはこの買収によってハードとソフトとの両方を持つ企業となった。

ところがこの買収は異常に金が掛かっていて、経済合理性を欠いていた可能性が高い。おそらくは、大賀氏の道楽という側面が強かったのではないかと私は疑っている。
========
スポンサーサイト
  1. 2010/11/25(木) 00:17:45|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ソニーの馬鹿!

Vison をあらあら見たが、だんだん腹が立ってきた。

ソニーは、マイケル・ジャクソンのベスト盤ビジネスをどこまでやるつもりなのだろうか?
そもそも、HIStory が半分、ベスト盤で、それ以外に、

「Number Ones」
「The Ultimate Collection」
「The Essential Michael Jackson」
「King of Pop」
「The Collection」
「This Is It」

そして更に、

「Vison」
「Michael」

とベスト盤の連打である。
それに、Thriller 25 というのも、もとの盤にちょこっと足してファンに買わせるのは同じ手口だ。
DVDも、すでに結構、かぶっているものがたくさんある上に、Vison がでた。

もういい加減にしてほしい。目先の銭に目を眩ませて、ファンの心情に漬け込んで一曲、二曲のためにCDやDVDを買わせるセコいビジネスは、もう十分だ。

ソニーがすべきことは、これまでにマイケルが残したすべての音源、すべての画像を体系的に収集し、そのなかで、本人がどれほど完全だと考えていたかを確定してランキングする作業を進めることだ。そして著作権をクリアして、

Complete Michael Jackson

を出すことだ。

この作業には膨大なお金と膨大な人手が掛かるだろうが、何世紀にもわたって、人類が存続する限り、売れ続ける。いってみれば、聖書の版権を手に入れるようなものだ。そうすればソニーも永久に存続できるだろう。さもなくば、今後も海賊版に悩まされ続け、やがてソニーは全てのマイケルファンから見放されるだろう。
  1. 2010/11/24(水) 01:05:55|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ひどい! Vision の Ghosts

Ghosts が収録されると聞いて、やっと高画質で見られると期待していたのに、Ghosts の全体を適当に切り貼りした映像を背景に Ghosts の曲が流れる、というものであった。マイケルがこんなものを自分で作ったのだろうか?出来が全然よくないので、適当に誰かがやったのだと思うが、そうだとしたら許しがたい。なんとも理解しがたいのが、2 Bad のダンスや Is it scary? のダンスの場面まで適当に使っていることだ。

こんなことをするなら、2 Bad の場面だけ切って、「2 Bad (未公開)」とでもすれば良いものを。なんでもいいから、Ghosts の完全DVD版を早く出してほしい。
  1. 2010/11/23(火) 21:34:47|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
51位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する