FC2ブログ

マイケル・ジャクソンの思想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fashionposium ―A fashion symposium to overcome gender borders―

Fashionposium
―A fashion symposium to overcome gender borders―

Date: 3 June 2018 14:00~17:00
Venue: Yasuda Auditorium,
Hongo Campus, 7-3-1, Hongo, Bunkyo, Tokyo, 113-0033 Japan
Entry: Free

What is the “Fashionposium”?

We recognize that the so-called apparel industry has a common tendency to separate everything into categories or segments, and the most persistent separation is by gender.
Why should we wear different clothes according to the gender we were born with? In this symposium, we reconsider the way we think about the “separation” itself in order to overcome gender borders. Our aim is to bring a new perspective to the fashion industry with this experimental event.
With the historical and symbolic authority of the University of Tokyo’s Yasuda Auditorium, we will create a new open space for communication. Our show may differ completely from any ordinary fashion show in that even the separation between the show producers/performers and the audience will be removed.


The First fashion event in the history of the Yasuda Auditorium, the University of Tokyo

The highlight of this “fashionposium” is the “fashion-show” organized by blurorange, who are probably the world’s first fashion brand or label specifically for MtF transgender people. They will be launching their new collection and will also coordinate clothing supplied by other brands. At the end of the event, we will invite the audience to participate in the show. This is the first fashion event in the long history of the Yasuda Auditorium.


YASUTOMI Ayumi (Professor, the Institute for Advanced Studies on Asia, U-Tokyo)
MATSUMURA Tomoyo (Designer, Representative of Blurorange)

Contact: yasutomi@ioc.u-tokyo.ac.jp
スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 02:13:53|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ayumi Yrigoyen 個展 最終日イベント

大人気の Ayumi Yrigoyen 個展も、いよいよ27日で終了です。最終日には、

1 安冨歩「純セレブ経済学入門〜経済学のどこがおかしいのか?」
2 片岡祐介「純セレブ・スピーカー入門〜オーディオのどこがおかしいのか?」

の豪華二本立てでお送りします。どちらも、

★参加費2千円、セレブ席2万円

です。メチャオトクな、

★通し券 参加費3千5百円、セレブ席は3万5千円

もご用意しております。スケジュールは、

13時〜15時 「純セレブ経済学入門」
ティータイム 15時〜16時
16時〜18時 「純セレブ・スピーカー入門」
純セレブ・パーティ(カンパ制)

となっております。

セレブ席は、

・最前列テーブル席
・ティータイムに安冨・片岡と懇談しておいしい珈琲とお茶菓子を楽しむ

のほか、なんと、

1は、安冨歩サイン本プレゼント
2は、純セレブ・スピーカー一式(製作体験つき)

がついております。
特に2は、めちゃ音の良いスピーカーがついて、自作体験がついて2万円は安い!!!

お申込みは、下記まで。

https://www.facebook.com/古民家ギャラリーかぐや-307188955959189/

ちなみに初日のイベントの様子はこちら。




  1. 2018/05/25(金) 22:43:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍政権に国民が期待すること


というツイートを引用しつつ内田樹氏@jijicom が、15:25 - 2018年3月16日  に、

とツイートした。

その前日に私は、

とツイートした。この推論に基いて支持率上がるかも、と予想したのだが、さすがにその予想は(幸いにも)外れた。しかし

支持率  39.3%
不支持率 40.4%

とほぼ同じであることを見て、暗澹たる気持ちになると同時に、理論的には、まぁそんなもんだろうな、と納得した。そして、朝日新聞やNHKが、ある程度踏み込んだ報道をしていてこの比率である、ということは、少しでもジャーナリズムが日和ったら、たちまち支持率は五割を越えるだろう、と思う。

内田氏の「(支持を表明した人々は)いったい何を期待しているのでしょう? 」という問には、

シラをきり通すこと

というのが答えだと思う。内田氏がこのような疑問を感じるのは、国民の大層は民主主義者のはずだ、と前提しているからだと思うが、その前提は間違っていると私は考える。国民の大層は、

立場主義者

なのだ。そして自由民主党の本当の名は「立場党」なのだ。ついでに言えば、日本国の本当の名は「日本立場主義人民共和国」なのだと考えている。もちろん、いわゆる右翼や保守主義者や利権主義者や原発推進論者や温暖化懐疑論者や差別屋や左翼やリベラルや自由主義者や環境主義者や反原発論者も、大層は立場主義者である。彼らの違いは、

どういう立場をとるか

だけである。この点を見過ごしてしまうと、日本がどういう状況にあり、どこに向かって転がり落ちているのか、把握することはできないと思う。

立場主義については、拙著、

『ジャパン・イズ・バック:安倍政権にみる近代日本「立場主義」の矛盾』

『満洲暴走 隠された構造:大豆・満鉄・総力戦』


などをご参照いただきたい。
  1. 2018/03/16(金) 22:29:41|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

モーレツ!セレブ教室 その1

「純セレブ音楽家」片岡祐介と「東大教授セレブ」安冨歩とが、「セレブな生き方」をテーマに、モーレツなトーク&音楽&アートを展開するまったく新しいイベント。片岡・安冨によるスヌーカー・ペインティングも含めた、学術・音楽・芸術の融合する体験をお届けします。

=========
片岡祐介は、セレブである。
普通、日本語でセレブといえば、金持ちのことだ。(いや、英語の celebrity は有名人、という意味なんだが。。。)

しかし、片岡には、金はない。にもかかわらず、いや、それゆえにこそ、片岡はセレブである。

片岡は、働かない。
もちろん、職業は音楽家であるが、仕事はしない。音楽するだけである。
そして、大抵の日は、家でピアノかチェンバロを弾くか、打楽器を叩いている。
あとは、子供と遊んでいる。

こんな優雅な暮らしをしている以上、どう見ても、セレブである。

その辺のセレブは、金に支えられているがゆえに、セレブである。その根拠を失えばセレブではなくなる。しかし片岡は、金も地位も家柄もなく、生き方そのものがセレブである。それゆえ、安冨は片岡を、

【純セレブ】

と呼ぶ。片岡がセレブであるのは、セレブだからである。それ以外に、なんの根拠も必要としない。

そのセレブぶりは、片岡のフェイスブックを見ればわかる。

今回のライブは、女性装の東大教授安冨歩(ある程度有名なので、celebrity だ)が、片岡とともに、セレブな生き方とは何かを探求し、表現する、画期的な機会である。

===========

セレブ席:五万円(片岡&安冨とのセレブランチ付き&リハに参加可&最前列中央) 若干名

VIP席 : 二万円 (リハに参加可能&最前列) 若干名

一般席; 二千円 (安い!)

予約は yasutomi.management@gmail.com にメールしてください。
  1. 2018/02/02(金) 10:08:52|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のライブをやります!! 2017年12月19日 八木啓代+大熊ワタル+阿部篤史 feat. 安冨歩 +友情出演 片岡祐介

x.jpg


今日、リハーサルしてきました。
これは、マジ、すごいです。

何がスゴイって、私の新曲、三曲、初演されます。

「ヒトラーの歌:アリス・ミラーによる 〜 朗読とピアノとクラリネットと鉄琴のための音楽」 安冨歩作曲、片岡祐介編曲

「柿本朝臣人麻呂、泊瀬部皇女忍坂部皇子に献ずる長歌」柿本人麻呂作詞、安冨歩作曲、片岡祐介編曲

「人間は悪の道から逃れられない」安冨歩作曲

アリス・ミラーの思想を集約した「ヒトラーの歌」は、朗読に適当に音楽をつけてもったり、あるいは、私がウチコミで作ったもので朗読したことがあるのですが、今回は、ピアノ+クラリネット+鉄琴のために片岡さんが編曲した、生演奏バージョンの初演!!! 今日、三四回やってみましたが、メチャクチャ面白かった!!!

柿本人麻呂の挽歌に私がメロディーをつけて、片岡さんがコードをつけたものを、歌います。これはホントに初演!!! 大熊さんのクラリネットと安倍さんのピアノと片岡さんドラムが、即興で伴奏します。

親鸞研究を集約した「人間は悪の道から逃れられない」は、東大の7月20日の講演の最後で、自分でエレキギター弾いて、片岡さんの電子ドラムでちょいとやっていますが、本気バージョンは今回が初!!!これも、大熊さんのクラリネットと安倍さんのピアノと片岡さんドラムが、即興で伴奏しますが、今日のリハで、アホみたいに盛り上がった!!!

もちろんあくまでも八木啓代さんのライブで、私と片岡さんはゲストです。八木さんの南米の新しい歌は大変な迫力。いつもの大熊さん安倍さんに、片岡さんの打楽器が絡んで、さらにスゴイことに!!!

ほんとにすごいライブになります。間違いなく。
来ないと損!!!!


==================



あの「ヤバい4人」が再びライブに結集!
エリートの欺瞞言語を研究した『原発危機と「東大話法」』、「超訳論語」など話題の書籍を次々に上梓しつつ「女性装の東大教授」としても話題を集める安冨歩氏をゲストに、東京アンダーグラウンド界の帝王大熊ワタル (cl)、超絶ピアニスト・阿部篤志(p)との異種格闘技がよみがえります。

もちろんトークタイムもあります!

Vo.八木啓代、P. 阿部篤志、Cl. 大熊ワタル+Vo.安富歩
さらに、鉄琴とドラムの片岡祐介さんも特別参加

フライヤー ダウンロードはこちらです
http://nobuyoyagi.com/PDF/171219.pdf

ネット予約はこちらから
http://nobuyoyagi.com/event.html
  1. 2017/12/13(水) 23:43:38|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

yasutomiayumu

Author:yasutomiayumu
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
131位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。